個人事業主

会計ソフトfreeeとは?副業の年間所得が20万円を超えたら確定申告必須

会計ソフトfreeeは、初心者の方でも簡単に確定申告ができるクラウド会計ソフトです。

この記事ではそんな会計ソフトfreeeについて、どんなサービスなのか、どう言ったことができるのかなど徹底解説していきます。

  • 会計ソフトfreeeについて知りたい方
  • 副業1年目の方
  • 面倒な会計業務を楽したい方

これらに当てはまる方におすすめの記事です。これを読めば会計ソフトfreeeでどんなことができるのか丸わかりですよ。

会計ソフトfreeeとは

freeeとは、確定申告などで必要な会計業務をパソコン上で簡単に行える行える会計ソフトです。

会計業務は面倒で、大変な作業と思われがちですよね。慣れていないと時間がかかる為、多くの人が「会計処理は億劫」という感情を持っているのではないでしょうか。

freeeはこれから初めて確定申告を行う方でも、感覚的に利用できるような優れたデザインになっています。

銀行やカード会社などの明細を自動で帳簿データに変更してくれたり、決算書を作成することも可能です。

副業でも確定申告が必要

フリーランスはもちろん、副業でビジネスを行っている方は確定申告が必要です。

具体的には、副業の収入が年間20万円を超える方が対象。

会社に勤めている方だと年末調整を行っているかと思いますが、これは会社から給与を受けている方が対象であり、本業以外で収入がある方は確定申告が必要ということです。

会計ソフトfreeeのプラン

freeeには「個人事業主向け」と「法人向け」の2種類があり、それぞれに3つのプランがあります。いずれも年払いが可能です。

freeeは有料ツールですが、最初の1ヶ月無料で利用することができます。

無料期間中に合わないようであれば途中でやめることも可能です。迷っている方はまずはお試しで試せるのが魅力ですね。

個人事業主向け

個人事業主向けにはスタータープラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つのプランがあります。

確定申告に必要な書類の作成はスタータープランでも可能ですが、サポート面などに違いがあります。

スターター スタンダード プレミアム
月額  1180円 2380円 3316円
機能
  • 確定申告書の作成
  • 請求書の作成
  • 消費税申告
  • レポート機能
電話サポート

 

法人向けプラン

法人向けプランはミニマムプラン、ベーシックプラン、プロフェッショナルプランの3つに分かれています。

ミニマム  ベーシック プロフェッショナル
月額 2380円 4780円 47760円
機能
  • 決算書の作成
  • 見積もりや請求書の作成
  • 入金・支出管理
  • チャットやメールサポート
  • 一括請求機能
  • 経費精算機能
  • 電話サポート
  • ユーザー10名まで無料
  • 予実管理機能
  • 一括消込機能

 

会計ソフトfreeeでできること

会計ソフトfreeeでは様々な会計業務が行えます。

できることは以下の通り。

  • 確定申告
  • 売上把握
  • 帳簿作成
  • 経費管理
  • 経営分析

freeeでは、銀行口座やクレジットカードを同期することで、利用履歴を取り込むことが可能です。「自分で経理」機能を利用すれば、それらのデータを簡単に帳簿付けすることができます。

また、領収書や請求書を画像読み込みすることも可能。画像をfreeeに読み込むことで、自動的に取り込み内容を帳簿付けすることができるのです。

AI機能では自動仕分けが行えます。例えば水道料金の引き落としがあれば、AIが推測して「水道光熱費」に振り分けることが可能なのです。

日々の業務の効率化が実現します。

会計ソフトfreeeのメリット

クラウド会計なので、場所を選ばず使える

freeeはブラウザを利用して処理できるので、操作する端末を選びません。

例えば自宅のPCやスマートフォン、会社のPCなどからアクセスすることができます。OSに関しても、MacやWindowsどちらでも利用可能です。

最新の税制や法令に対応

freeeはクラウド型の会計ソフトなので、税制や法令に改正があると自動で最新の情報にアップデートすることが可能です。

常に正確な会計業務を行うことが可能です。

バックアップも簡単

クラウド型の会計ソフトfreeeは、帳簿データをバックアップすることが可能です。

保存データを暗号化したり、ログイン試行回数に制限をつけるなどセキュリティ対策もバッチリです。

万が一帳簿データを削除してしまったとしても、データの復旧が可能ですよ。

まとめ

いかがでしたか。本日は会計ソフトfreeeに関して、どう言ったサービスなのか、どのような機能があるのかなど徹底解説していきました。

freeeを利用することで、面倒な会計業務を効率よく、初心者でも簡単に管理することができました。

クラウド会計ソフトだからこそ、最新の税率に対応できたり、どこでもアクセスすることが可能でした。

気になった方はまずはお試しで利用してみるのがおすすめです!1ヶ月の無料期間で、自分にあったサービスかどうか体験してみてはいかがでしょうか。

 

バーチャルオフィス比較