Shopify スターターガイド(ショッピファイ始め方)

Shopifyを一から始めたい方の為のスターターガイドです。

以下が当てはまる方はこのガイドの対象者です。

  • オンラインで売りたい商品がある
  • オンラインストアをshopifyで自作したい
  • shopifyの正しい使い方を効率的に学びたい

ガイドを読み進めながら作業すれば、スムーズに制作することが可能です。


1. ストア名を決める

まずはご自身のオンラインストア の名前を決めましょう。

自分のオンラインストアが多くのストアの中で目立つようにするためには、適切な名前を付けることが非常に重要です。
売れるオンラインストア の名前をつける時は以下の3つのポイントを意識してみて下さい。

  • 短くシンプルで覚えやすい名前にする
  • 違いを生み出す
  • オンライン上での見え方を考慮する


2. ドメイン の決定

ドメインとはストア の住所のようなものです。AMAZONで例えると「amazon.co.jp」がドメインです。

先程決めたストア名をそのままドメインにするのが一般的ですが、既にそのドメインが使われている場合は他のドメインを設定する必要がありますので、注意しましょう。(既に使われているかどうかは実際に登録する際に分かります)

また、shopifyでは、ショップ開設時に、自動的に○○○.myshopify.comというドメイン名が使用可能になります。また、デフォルトのドメインを避けたければ、独自ドメインの設定も可能です。


3. shopify登録

いよいよshopifyに登録です。

下のボタンから公式ページに進み、登録していきましょう。


4. テーマ選択

テーマ選びは非常に大切です。テーマを選ぶ際は以下のポイントで選択すると良いでしょう。

【STEP1】自分たちのショップの特徴や必要としている機能を明確にする

  • 誰に対して商品を届けたいのか
  • どういう商品を届けたいのか
  • どういう想いで商品を届けたいのか
  • あなたのショップの強みは何か
  • どのくらいの種類の商品を展開したいのか

【STEP2】1で洗い出した情報とデザイン性と機能が一致するテーマを探す

そんなShopifyのテーマですが、実は公式のもので100種類以上、非公式のものを含めると1000種類以上もあるのです。

非公式のテーマはthemeforestなどのサイトで購入することができます。種類も豊富、1,700~6,500円とお手頃な金額でゲットすることができますが、あくまで非公式なので急なShopifyの仕様変更に対応できない可能性があります。

初心者ならばまずは公式のものを選択するのをおすすめします。

テーマは後からでも変更可能ですので、選びきれない際は無料テーマの中でデザイン性が合いそうなものをまずは選んでみましょう。

さらに、迷った場合は既存のショップが使っているテーマを参考にするのもおすすめです。


5. 商品登録

Shopifyのアカウント作成が完了すると、管理画面へアクセスできるようになります。
商品追加をするためには、管理画面で「商品管理」→「商品を追加する」から操作します。

ストアに商品を登録する方法は、管理画面内でぽちぽちと情報を入力する方法と、あらかじめ情報入力したCSVファイルを使って一括登録する方法があります。


6. コレクション作成

Shopifyでは「コレクション」とよばれる商品群を作成できます。コレクション作成により、ジャンル・ブランド・色などさまざまなカテゴリーを作成できるようになります。


7. お問い合わせ・特商法ページを作成

オンラインショップでは、商品ページ以外にも必ず「お問い合わせ」や「特定商取引法」などのページが必要です。


8. テーマ編集でデザインを完成させよう

ここまでは、テーマを選んでストアに商品を追加したり、コレクションを作成したりしましたが、ここでは、実際にテーマ(テンプレート)を編集してオンラインストアの見た目を作っていきます。


9. ストア公開

ECサイトは運用しながら、拡張していくものです。

まずは最低限の機能を作って、世の中に出しましょう。

運用しながらストア育てていくのが、成功の秘訣です。