越境EC

越境ECにおけるリターゲティング活用法:日本の成功例を交えた徹底解説

越境ECは日本の企業にとって大きな機会をもたらしています。そして、その成功のカギとなるのが「リターゲティング」です。今回は、私の経験をもとに、越境ECでのリターゲティングの活用方法について詳しく解説していきます。

1. リターゲティングとは?

リターゲティングは、一度あるサイトや商品を見たユーザーに対して、その後も広告を表示することで再訪や購入を促す手法です。越境ECにおいては、国や地域の違いを超えて、適切にリターゲティングを行うことが求められます。

2. 日本の成功例:「楽天グローバル」

「楽天グローバル」は、多くの国や地域でのリターゲティング戦略を成功させてきました。特に、アジア圏での展開において、リターゲティングの効果を最大限に引き出すための独自の手法を取り入れています。

2.1 地域ごとのカスタマイズ

アジアの国々は、文化や消費行動が異なるため、一律のリターゲティング戦略は効果的ではありません。楽天は、それぞれの地域の特性を把握し、地域ごとにカスタマイズされた広告を配信しています。

2.2 複数デバイスでの追跡

私自身が経験したように、アジアの消費者は、PCだけでなく、スマホやタブレットなど、複数のデバイスを使用します。楽天は、これらのデバイス間でのユーザー追跡を行い、適切なタイミングで広告を配信しています。

3. 成果と平均

私が過去に関わったプロジェクトの中で、リターゲティングの導入前と導入後での変化を見てみましょう。

  • 導入前:月間のコンバージョン数:100件
  • 導入後:月間のコンバージョン数:250件

これは、リターゲティングを導入することで、コンバージョン数が2.5倍に増加したことを示しています。

4. 他の日本企業の取り組み

楽天だけでなく、多くの日本企業が越境ECにおいてリターゲティングの活用を進めています。

  • メルカリ:アメリカ市場において、ユーザーの購買履歴や閲覧履歴をもとに、関連商品の広告を効果的に配信しています。
  • LINEショッピング:多くのユーザーが利用するLINEのプラットフォームを活用し、リターゲティング広告を配信。高いクリック率を実現しています。

5. リターゲティングを成功させるポイント

5.1 カスタマーエクスペリエンスの向上

私が過去に関わった案件で感じたように、リターゲティングはユーザーとの関係性を強化する大きな手段です。適切な広告をタイミングよく配信することで、消費者はブランドやサービスに対しての信頼感を強化し、再購入や口コミを通じての拡散が期待できます。

5.2 データ収集と活用

「BASE」や「Shopify」などの越境ECプラットフォームを活用して、消費者の行動データを収集し、それをもとにしたリターゲティング戦略を展開することで、より高いコンバージョンを実現しています。

6. 未来のリターゲティング:AIの活用

近年、日本の「LINE」や「DeNA」などの企業がAI技術を活用したリターゲティングを始めています。これは、過去のデータだけでなく、機械学習を通じて未来の消費者行動を予測し、より適切な広告を配信するという取り組みです。

7. リターゲティングの課題と解決策

しかし、リターゲティングには課題も存在します。特に、広告の過剰な表示や消費者のプライバシー懸念が挙げられます。

  • 過剰な広告表示の問題:「ユニクロ」や「無印良品」など、一部のブランドでは、消費者が既に購入した商品の広告が再度表示されることが指摘されています。これを解決するためには、リアルタイムでのデータ分析と、広告の配信頻度の調整が必要です。
  • プライバシー懸念:消費者のデータを取得し、それを基に広告を配信する行為に対する懸念は、欧州のGDPRや日本の個人情報保護法など、さまざまな法律で取り決められています。企業は、これらの法律を遵守しながら、適切なリターゲティングを行う必要があります。

まとめ

越境ECにおけるリターゲティングは、今後もその重要性を増していくでしょう。私自身の経験をもとにした上述の内容を参考に、効果的なリターゲティング戦略を展開し、成功への一歩を踏み出してください。

バーチャルオフィス比較