Shopify

Shopifyでの広告施策のそれぞれの効果を解説

「せっかくShopifyでECサイトを作ったのに、ユーザーをなかなか獲得することができない」

そんなお悩みはありませんか?

そこで今回はECサイトを運営する上で重要な広告施策について具体的に解説をしていきたいと思います。

  • Shopifyが気になる方
  • ネットショップを運営したい方
  • ネットショップの効率的な集客方法を知りたい方

そんな方におすすめの記事となっています。これを読めばShopifyにベストな広告施作がまるわかりですよ。

ECサイトでは集客が重要

ネットショップ運営には集客がとても重要です。

せっかく良い商品やこだわりのサイトを作ったのに、誰にもアクセスしてもらえなかったら意味がないですよね。

まずは多くの人にアクセスをしてもらって、自分のブランドやショップを知ってもらうことが基本です。

こちらの記事では、Shopify初心者が失敗してしまいがちなShopify運営について紹介しています。

SNS集客についても触れているので気になる方はチェックしてみて下さい。

広告での集客が優れている理由

ひとえに集客と言っても、様々な方法があります。SNS集客やSEO対策、広告施策など。

Shopifyはどの集客方法にも強みがありますが、今回おすすめするのが広告施策です。

SNS集客やSEO対策は、費用こそ抑えられるものの、多くの人をサイトに呼び込むには時間と労力がかかります。

一方、広告施策はコストはかかりますが、効率的にスピーディーに集客することが可能なのです。

広告施策

WEBで使われる広告施策について紹介します。

広告施策その①アフィリエイト広告
広告施策その②リスティング広告
広告施策その③リターケティング広告
広告施策その④SNS広告

広告施策その①アフィリエイト広告

アフェリエイト広告は、アフェリエイターと呼ばれる人が自分のブログなどに商品を紹介する広告手法です。

商品購入などの成果があった場合にのみ費用が発生します。

クリックや広告を閲覧されても費用がかからないので、あなたのブランドやショップを多くの人に知ってもらえるきっかけとしても活用できますよ。

他の広告よりもコストを抑えることができますが、アフェリエイターは数ある広告案件から好きなものを選んで宣伝を行うため、あなたの商品が選ばれるように成果報酬額を設定する必要があります。

広告施策その②リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に、トップに表示される広告のことを指します。ユーザーがクリックすると課金がされるしくみになっています。

Web広告の基本となっていて、一番成果が出る可能性も高いと言われています。

なぜ最も成果が出やすいのでしょうか。それは、リスティング広告が最も顕在顧客にアプローチをかけることができるからです。

例えば「良い香り 入浴剤」とユーザーが検索したとします。それを検索するユーザーはいい香りの入浴材を購入したいと思って調べていることでしょう。

そのトップページにあなたのショップがヒットしたら、ユーザーはあなたの商品を購入リストに加えるはずです。

さらに、リスティング広告はGoogleなど広告を表示する検索エンジンの審査をクリアすれば即日で配信することが可能なのもメリットの1つです。

新商品やセールでの目玉商品をすぐに広告にかけられるので使い勝手が良いと言えますね。

広告施策その③リターケティング広告

リターゲティング広告は一度サイトに訪れたことがあるユーザーに広告を配信することができる広告手法です。

ECサイトにおいて商品をカートに入れたまま、決済をせずに離脱してしまうかご落ち問題はとても深刻です。

世界のECサイトで平均69.57%も起こっているのです。(参考:41 Cart Abandonment Rate Statistics

そんな一度サイトに訪れたことがある人に向けて再アプローチできるので、ニーズがないユーザーに比べ購入に至る率が高いのがリターケティング広告の特徴です。

ちなみにShopifyではかご落ち防止対策としてShopifyクーポンを発行することが可能。

発行の仕方などはこちらの記事をチェックして下さい。

広告施策その④SNS広告

リスティング広告に次いでよく使われる広告方法。TwitterやInstagramなどで広告と書かれた投稿を目にしたことがあるでしょう。それがこのSNS広告です。

SNS広告は住所や年齢、性別などの情報で細かいターゲティングの設定が可能です。狙ったユーザーに向けて広告を流すことができるので、効率が良いです。

また、他の広告方法に比べると、一番広告っぽくなく自然な感じで宣伝できるのも特徴となっています。

若者をターゲットとしている事業者におすすめです。

Shopifyと連携できる広告

ShopifyはGoogle広告とFacebook広告との連携が可能です。

Google広告では先ほど紹介したリスティング広告の他、ディスプレイ広告や動画広告などが利用でききます。

ディスプレイ広告はGoogleと提携するWebサイトやアプリに配信される広告のこと。「年齢」や「性別」のほか、「世帯年収」「購買意欲の高さ」「子供の有無」といったユーザー属性も選択することが可能。

動画広告ではYouTubeを使ってアプローチすることができる広告形態です。テキストや画像だけではない、動画を使った認知されやすい広告を配信することが可能です。

一方、Facebook広告はFacebookの広告配信プラットフォーム。全世界で26億を超えるユーザーがいると言われているFacebook。

そんなFacebook広告では細かい個人情報がデータベースにあるので、趣味や関心、性別や年齢などを元に細かいターゲティングを行うことができるのです。

合わせて読みたい>>Shopifyで連携できるGoogle広告とFacebook広告の連携方法

まとめ

いかがでしたか。本日はECサイト運営で重要な集客方法である広告施策の特徴とShopifyで利用できる広告方法について解説していきました。

WEB広告の主な施策は以下の通りでしたね。

広告施策その①アフィリエイト広告
広告施策その②リスティング広告
広告施策その③リターケティング広告
広告施策その④SNS広告

それぞれ特徴や費用も異なるので、自分のブランドやショップにあった広告を利用することがおすすめです。

その中でも、リスティング広告やSNS広告はShopifyで連携できるGoogle広告とFacebook広告を利用すれば簡単に導入することができるのでおすすめです。

ぜひ広告を積極的に活用してShopifyでしっかり集客を獲得していきましょう。

▶︎Shopifyでネットショップをオープンする

Shopify 14日間 無料体験

ネットショップで稼ぎたい方におすすめなのがShopifyです。

ブランドイメージや目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。まずは無料体験してみて下さい。