shopify

shopify(ショッピファイ)がアパレルに向いている理由と集客成功の秘訣

アパレルのECストアを開設しようと検討している人のなかには、

「アパレルにはshopifyが良いと聞いたけど本当?」

「shopifyで集客に成功する方法は?」

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、shopifyがアパレルストアに向いている理由と、shopifyで成功させる秘訣を紹介します!

▶︎Shopify導入事例まとめ【国内アパレル編】

shopifyがアパレルストアに向いている理由

アパレルストアにとって、shopifyがなぜ良いのかを詳しく解説します。

サイトデザインの自由度が高く、ブランドの世界観を表現しやすい

アパレルストアが大切にしているブランドの世界観は、ECサイト上でもしっかり表現したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

Shopifyはストアのデザイン面の自由度がとても高いのが特徴

shopifyで用意されているサイトのデザインテーマ(テンプレート)は、無料で使えるテーマもクオリティが高く、洗練されています。さまざまなテンプレートがあるので1からWebサイトのデザインを構築する手間も必要ありません。

また、ストア内の全てページを独自デザインに自由にカスタマイズ可能なので、細部にわたってブランドの世界観を表現できます。

また、shopifyを通じてデザイナーにストアのデザイン構築を依頼することもできます。

Instagramのショッピング機能と連携している

ShopifyはInstagramのショッピング機能と連携しているため、Instagramでの商品投稿からshopifyのストアへ誘導できます。

Instagramのショッピング機能を活用すれば、商品の詳細を表示したり写真からshopifyの商品ページへのリンクを貼れるのです。

現在では、Instagramで欲しい商品を探してネットで購入するというユーザーが10~20代の若者を中心に増えています。

ユーザーは、Instagramのハッシュタグ検索などで写真一覧から商品を探し、気に入ればリンクからECサイトに飛んでそのまま購入するといった流れです。

shopifyをInstagramのショッピング機能と連携させておくと、商品を見つけてもらいやすくなり集客がアップするので非常に有効です。

越境ECへの対応が簡単

アパレルの国内市場が縮小している今、国内市場にとどまらず海外への販売も視野に入れている人も少なくないのではないでしょうか。

Shopifyは、グローバル対応に非常に強いのが大きな強みです。

  • 世界の175ヶ国以上、100万以上の店舗で利用されている(2020年8月時点)
  • 50の言語と130ヶ国以上の通貨に対応している(2020年8月時点)

【言語】→アプリを使って別の言語に自動翻訳もしくは設定画面で翻訳を直接入力することも可能。

【海外への配送】→アプリを活用すれば簡単に海外発送の手続きができます。

【通貨】→自動でレートを変換できます。世界各国の100種類以上の決済方法にも対応。

また、世界中で信用度の高い最大規模のオンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」がサイト開設時からすぐに利用可能です。

shopifyの14日間無料体験の申込みはこちらから▶

Shopifyでアパレルのオンラインストアを成功させる秘訣

アパレルがshopifyのストアで集客や売上アップを成功させる秘訣を紹介します。

支払い方法にAmazon Payを導入する

Amazon Payをshopifyの決済方法として導入すれば、ユーザーの商品購入は非常にスムーズになります。

Amazon Payとは

あらかじめユーザーがAmazonアカウントに登録した配送先住所やクレジットカード情報を使い、Amazon以外のECサイトでログインや決済ができるID決済サービスです。

ユーザーがあなたのshopifyのストアで初めて商品を購入する際に、Amazonアカウントでログインすればクレジットカード情報を入力する手間を省けるのです。

ユーザーがスマートフォンを見たり商品を購入する時間帯としては、朝や寝る前が多いという傾向があります。

朝の通勤中の電車の中や、夜ベッドで寝ころびながらスマホを見ていて購入したくなるケースも多い中、財布かクレジットカードを取り出して入力するという作業は手間になってしまいます。

しかしAmazonのアカウントを持っているユーザーならクレジットカード情報がそのまま反映されるので、入力の手間なくスムーズに購入手続きまで進めるのです。

動的チェックアウトボタン機能を活用

一般的なECサイトでの買い物は、「欲しい商品をカートに入れる→カートへ移動→カート画面から決済方法選択に進む」のが一般的。

しかし、shopifyでは「カートに入れる」の下に「Amazon Payで購入」といった「動的チェックアウトボタン」が表示されます。

たとえば、ユーザーが「Amazon Payで購入」を押すとカートへ移動する必要がなく、すぐに支払いを完了できるという仕組みです。

動的チェックアウトボタンはユーザーの決済履歴から動的に変更されるため、状況に応じて適した決済方法が反映されます。

shopifyでAmazon Payを導入しているストアでは、Amazon Payを利用したことがあるユーザーには自動的に「Amazon Payボタン」が表示される仕組みになっています。

「ストアがあらかじめAmazon Payを導入」+「ユーザーがAmazon Payで購入」のチェックアウトボタン押すことで、ユーザーは非常にスムーズに購入手続きを完了できるのです。

商品ページに動画を載せてコーディネートやサイズ感を提示

shopifyでのアパレルストアでは、コーディネートやサイズ感などの動画を載せることでユーザーの購買意欲をア高められます。

写真や文章だけでは商品の質感やサイズ感、コーディネートのイメージがつかず、購入をためらうユーザも少なくありません。

一方、高い情報伝達能力がある動画なら、写真では伝えきれない商品の全体像や実際に使用した時のイメージがつきやすくなります。

また、情報量が多い動画を活用することによってアパレルストアの信頼度が上がり、ユーザーが安心して商品を検討できるので、新規顧客の獲得にも役立ちます。

商品ページに動画を載せることによって、ほかにも下記のようなメリットがあります。

  • ディティールや使用感、サイズ感などを視覚的に伝えられる
  • 写真や文章ではページが長く煩雑になりやすいが、動画ならスマートフォンでスクロールする操作せずに端的に情報を伝えられる
  • 原材料や製造工程、梱包の様子を紹介することで安心感を与えられる
  • スタッフやモデルが実際に着用して商品やコーディネート例を紹介することで身近に感じられ、商品の魅力が伝わりやすい

shopfyをうまく活用してアパレルストアの集客をアップさせよう

shopifyには、アパレルストアが運営しやすい理由や集客・売上アップしやすい方法がたくさんあります。

shopifyでAmazon Payや動画の導入、Instagramとの連携などをうまく活用することでユーザーの利便性があがり、集客アップしやすくなるのです。

shopifyの14日間無料体験の申込みはこちらから▶

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。