ネットショップ

売れるECサイトの作り方!準備から開設・集客まで徹底解説

売れるECサイトと売れないECサイトには明確な違いがあります。その違いは「戦略」と「分析」です。

今回は売れるECサイトの作り方について1から徹底解説していきたいと思います。

  • ネットショップを始めたい方
  • 売れるショップを作りたい方
  • どういう風にECサイトを始めればいいのかわからない方

これらに当てはまる方におすすめの記事です。これを読めば売れるECサイトの秘密がまるわかりですよ。

売れるECサイトの作り方①マーケティング戦略を立てる

ショップを開設する前に、まずは3C分析を行うことをおすすめします。

3C分析とは市場と競合、自社の3つの側面を分析することを指します。

この分析を行うことで、あなたのショップはニーズがあるのか、その業界でシェアを獲得できるのか、どんな人をターゲットにしているのか、自社の強みは何なのかが明確になります。

売れるECサイトの作り方②プラットフォームを決める

どのようなターゲットにどう言った商品を販売していくか戦略がたてられたら、いよいよECサイトを運営するプラットフォームを決めましょう。

ECサイトは大きく3つの種類に分けることができます。

  • インスタントEC
  • ECモール
  • オープンソースソフトウェア

インスタントECはShopifyをはじめとする手軽に始められるECサイトのことを指します。低コストでショップをオープンすることができるのが魅力です。

ECモールは楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなど、「グローバルに展開している巨大ECモール上に、自身のショップを立ち上げる」という利用スタイルのこと。

オープンソースソフトウェアはオープンソースの技術を活用して無償でECサイトを構築する方法です。

それぞれの詳しい説明やどんなプラットフォームが合っているかなどはこちらで解説しています。

売れるECサイトの作り方③ECサイトのデザインや機能を決める

販売するECプラットフォームを決めたら、ショップのデザインや機能を構築していきます。その際重要なのが、①で決めた戦略にあったショップになっているかどうかです。

例えば①において、「20代の女性向けにプチプラのアパレル服を販売する」と決めたとします。それなのに、サイトをシンプルで高級感のあるデザインにしても、プチプラ服を求めている20代の女性には響かない可能性が高いです。

さらに、商品数が少ないのに検索性にこだわっても意味がありませんよね。それよりも1つ1つの商品の説明を増やしてみたり、ブランドの想いなどをコンテンツとして充実させた方が良いでしょう。

このように自分が作りたいブランドのイメージやターゲティングしている顧客にあったデザインや機能が重要なのです。

とは言っても、ターゲットにあったデザインや機能を探すのは難しいですよね。そこでおすすめなのが他社分析です。自分のライバルと言えるブランドをいくつかピックアップして、どのようなテーマやアプリを使っているのかをリサーチしましょう。

リサーチにはGoogleの拡張機能である「koala Inspector – Inspect Shopify Shops」を利用することをおすすめします。これを使えばそのサイトがどのテーマやアプリを使っているのかを調べることができるのです。詳しい使い方はこちらの記事で解説していますよ。

ちなみに当サイトでは、業種別にどのようなテーマがおすすめかや実際のサイトがどのようなデザインなのかを分析しています。ぜひ参考にしてみてください。

▶︎おすすめのShopifyテーマとアプリ【食品編】

▶︎おすすめのShopifyテーマとアプリ【アパレル編】

売れるECサイトの作り方④集客チャネルを用意する

集客はECサイト運営の中でも特に重要な要素の1つです。せっかく作ったショップに誰もアクセスしてもらえなかったら意味がないですからね。

集客には様々な方法があります。

  • 広告施策
  • SNS
  • SEO

それぞれ解説記事を用意しています。どれも集客を行うのに必要な要素なので、ぜひそれぞれの記事をチェックしてください。

▶︎Shopifyでの広告施策のそれぞれの効果を解説

▶︎Twitterを活用してShopify(ショッピファイ)ストアへの流入数をアップさせる方法

▶︎Shopify(ショッピファイ)と instagramを連携する方法

▶︎EC運用でSEOを意識するならShopify(ショッピファイ)が有利な理由

売れるECサイトの作り方⑤サイトの改善をする

実際にネットショップを開設したあとは、PDCAを回していきましょう。つまり、売れるショップになるように改善案を出し、行動していくのです。

売上をあげるには、購入率や集客、購入単価などを見直す必要があります。まずはGoogleアナリティクスなどで現状を把握し、改善点を洗い出していきましょう。

特に以下の点を注目してみましょう。

  • 商品説明に問題ないか
  • サイトスピードに問題はないか
  • 配送に問題はないか
  • 必要な決済方法が揃っているか

まとめ

いかがでしたか。本日は売れるECサイトの作り方について紹介していきました。

売れるECサイトにおいて重要なポイントは以下の通りでした。

  • マーケティング戦略を立てる
  • プラットフォームを決める
  • ECサイトのデザインや機能を決める
  • 集客チャネルを用意する
  • サイトの改善をする

ただネットショップを開設するのではなく、戦略をたてて分析していくことが大切でしたね。

少し難しいと感じた方もいるかもしれませんが、無料でショップを開設できるサービスも多くあります。例えばShopifyなら登録して14日間無料で利用することができます。

こういったサービスでまずとりあえず始めてみて、そして今回紹介した方法を実践してみるのはいかがでしょうか。

▶︎Shopifyに登録して14日間無料で始めてみる

Shopify 14日間 無料体験

ネットショップで稼ぎたい方におすすめなのがShopifyです。

ブランドイメージや目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。まずは無料体験してみて下さい。