Shopify

Shopify(ショッピファイ)と instagramを連携する方法

Shopifyは世界シェアNO1で100万店舗で利用されているECプラットフォームですが、そんなShopifyではinstagramとの連携ができるのをご存知ですか?

今回は、Shopifyとinstagramの連携方法やそのメリットデメリットについて解説します。

  • ShopifyでECサイトを作りたいと思っている方
  • ネットショップにinstagramを活用させたいと思っている方
  • 自分のブランドをより多くの人に知ってもらいたい方

は必読ですよ。

これを読めばShopifyでInstagramをどのように活用していけばいいかが分かりますよ。

Shopify instagram連携

ハート

Shopifyが世界シェアNO1なのは、低価格で上質なサイトを制作できるのはもちろん、越境ECへが得意な面やSNSとの連携に大きな強みを持っている点にあります。

なかでもInstagramの連携は、ブランドの認知が少ない中小企業にとって今やなくてはならないものとなっています。

Shopifyとinstagramの連携では、instagramの投稿に対して商品のURLをタグ付けができるようになります。お客様が写真を見てタグをクリックするとサイトにアクセスをし、商品を購入できるのです。

instagram連携のメリット

ケータイ

新規顧客を獲得できる

ECサイトだけで販売をすると、顧客はインターネットの検索バーから検索しない限りあなたのサイトを見つけることはできません。

しかしinstagramやFacebookの連携は、タイムラインに情報を流したり、ハッシュタグで検索してもらえたりと、そのサービスを利用している人に見つけてもらいやすいという特徴があります。

写真、動画で勝負ができる

instagramの利用者はタイムライン上で、まず写真や動画に着目します。そして気になるものがあったら文章を読む。このように写真をしっかり見てもらえるというのは、お客様に商品イメージをしっかりと認知をしてもらえるメリットがあります。

お客様も商品をしっかり見て買い物ができるので、満足度の高いショッピングが実現できます。

ライブコマースとしても展開できる

instagramの機能の1つに「インスタライブ」というものがあります。このインスタライブでは、スマホ1つで気軽に生配信ができるということで人気の機能。このインスタライブを活用し、商品の紹介をすることが可能に。

例えばアパレルなら、服を着用して生で着心地や着丈感をお伝えすることができます。視聴者が「裏地を見せて」や「後ろ姿をもっと見せて」と言われればそれにリアルタイムで応えることが可能。このようにライブコマースの機能を使って、よりリアルにお客様とのやり取りができるのです。

Facebook社が提供するFacebookショップという機能で、今後はインスタライブ上で商品のタグづけを行い、ライブを見たお客様がそのまま商品を購入することができるようになるとのこと!

instagram連携のデメリット

badpoint

連携するのに手間と時間がかかる

instagram連携を行うには、まずFacebookと連携をさせる必要があります。instagramがFacebook社のサービスであるためこうした手順が必要になるのです。

Shopify→Facebook→Instagramと設定が必要になため手間がかかりますが、instagramとの連携を行うことで必然的にFacebookとの連携もとれるようになります。つまりinstagramの連携を行えばFacebook上でもショップ機能を使えるようになるわけです。

instagram連携方法

ではここからは具体的な連携方法をお伝えします。

行うステップは4つです。

  1. ShopifyとFacebookを紐付ける
  2. Shopifyとinstagramを紐付ける
  3. instagramとFacebookの連携をする
  4. instagramの投稿にタグ付をする

1.ShopifyとFacebookを紐付ける

Shopifyとinstagramを紐付けるには、まずShopifyとFacebookが連携している必要があります。

販売チャネルの横にあるプラスボタンをクリックすると、販売チャネルが表示されます。このページでFacebookの横のプラスボタンをクリックします。

次に、Facebookを連携させます。サイドメニューにFacebookの項目があるので、そこをクリックしアカウント→アカウント連携をクリックします。

するとFacebookアカウントの確認画面が表示されるので、確認後OKをクリックしましょう。その後Facebook側で審査が行われ、48時間以内に通知メールが届きます。

2.Shopifyとinstagramを紐付ける

先ほどと同じ要領で、販売チャネルの横にあるプラスボタンをクリックします。すると画面上でポップが出てきます。このポップのinstagramの部分にあるプラスボタンをクリックしましょう。

すると「instagramを追加しますか?」という画面に変わるので、右下にある「追加sales channel」をクリックすればOKです。

3.instagramとFacebookの連携をする

次にinstagramとFacebookの連携を行います。販売チャネルのinstagramをクリックするとFacebookに接続するという場所があるので、それをクリック。

次にFacebookアカウントでログインをします。この後、instagram側での審査がスタートします。この審査は1週間ほどかかるので気長に待ちましょう。

これで各種連携は完了です!

4.instagramの投稿にタグ付をする

タグ付は、Instagramのアプリ上から行うことができます。アプリの設定をクリック。ビジネス→ショッピングと進んで下さい。

するとFacebookページが表示されるので、そこにチェックをします。

ここまで終われば、あとは投稿した写真の編集から製品のタグ付ができるようになります。

まとめ

女の子

いかがでしたか。本日はShopifyでinstagramを連携させる方法をシェアしました。

instagramの連携を行うには、まずFacebookの連携が必要でした。少し手間はかかりますが、Facebookでもinstagramでも自分のブランドを紹介できるので、より多くの人に認知してもらえるんですね。

instagramは写真や動画で商品を紹介できるのはもちろん、ライブコマース機能でよりリアルなショッピング体験ができます。そんなinstagramとの連携をShopifyで取り入れてみてはいかがでしょうか。

Shopify 14日間 無料体験

ネットショップで稼ぎたい方におすすめなのがShopifyです。

ブランドイメージや目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。まずは無料体験してみて下さい。