shopify

Shopify(ショッピファイ)導入事例まとめ【アーティスト・グッズ販売 編】

ShopifyでECサイトを制作する場合、どういった点に注意していけばよろしいでしょうか。

自由度が高いShopifyでは低価格でオリジナリティあるECサイトを制作することができます。しかし自由度が高い分、どういったサイトを作れば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこでShopifyで実際にECサイトを運営しているブランドを紹介していこうと思います。今回は、アーティスト・グッズ販売を行っているECサイトを紹介します。

  • Shopifyでどういったサイトが作れるのか知りたい人
  • ShopifyでECサイトを制作する際、どういった部分に注意すればいいかを知りたい人
  • アーティスト・グッズ販売を行いたい人

こういった人は必読です。これを読めば、ShopifyでどういうECサイトを作れるかがわかるだけでなく、アーティスト・グッズ販売を行う際に気を付けるべきポイントもわかりますよ!

合わせて読みたい>>Shopifyの国内外の導入事例 50選!(2021年7月2日更新)ショッピファイ成功事例を一挙紹介!

Shopify導入事例まとめ【アーティスト・グッズ販売 編】

Shopifyは世界シェアNO1。低価格でECサイトが作成できるだけでなく、70種類以上のテンプレートからデザインを選ぶことができます。さらに基本機能に加え、様々な機能をカスタマイズすることが可能です。

実際にどのようなサイトが制作できるのか、事例を紹介していこうと思います。

【Shopifyの事例】

  • Lollapalooza
  • Penny Arcade Store
  • Lakers Store

それぞれ具体的に見ていきます。

Lollapalooza

アメリカの人気フェスである Lollapalooza。こちらのECサイトでは商品のカテゴライズをして、ECサイトをスッキリ見やすくする工夫がされています。さらに商品は写真でわかりやすく表示されています。

Lollapaloozaのデザインはこちらから確認できます(公式サイト)

Penny Arcade Store

ポップで明るいサイトのPenny Arcade Storeでは、ヘッダー部分に商品のカテコライズがされているので、欲しい商品が見つけやすい工夫がされています。さらに、セール商品をもうけているので、サイトを訪れる人が楽しみながらショッピングができるようになっています。

Penny Arcade Storeのデザインはこちらから確認できます(公式サイト)

Lakers Store

バスケのロサンゼルスレイカーズでは、ユニフォームなどの商品を販売しています。写真を大きく載せているので商品のイメージがつきやすいですね。またInstagramの画像をサイトに埋め込むことで、ファンを取り込む工夫をしています。

Lakers Storeのデザインはこちらから確認できます(公式サイト)

アーティスト・グッズ販売のポイント

book

アーティスト・グッズ販売を行う場合、顧客は値段よりもデザインを気にする傾向が強いです。好きなアーティストのためなら値段を気にせず購入するのですね。

だからこそ日常品を販売する場合に比べ、商品自体の情報の記載は少なくても問題ありません。その代わり商品写真を大きくするなどといった工夫が必要です。

さらに、アーティスト・グッズ販売は商品が一気に大量に購入される可能性が高いので、在庫状況の把握や物流拠点との連携が重要になります。特にコンサートやCD発売などのイベントに合わせて商品を販売する場合は、注意が必要ですね。

Shopifyでアーティスト・グッズ販売を行うのがおすすめな理由

shopify

今までShopifyでアーティスト・グッズ販売を行っているブランドのECサイトを紹介してきました。どのサイトも商品の写真を大きく載せたり、カテコライズをするなど顧客が商品を購入しやすくする工夫がされていました

先ほども述べましたが、アーティスト・グッズ販売は在庫管理や配送がとても重要な要素になっていきます。Shopifyはそういった部分はもちろん、マーケティング面にも大きな強みを持っています。

例えば、在庫管理に関して。Shopify Plusでは登録ロケーションを20箇所まで対応させることができます。複数の倉庫に拠点があったとしても対応ができるので、大量時販売をする場合も安心なんですね。

配送面に関しては、アプリを使って様々な機能を効率化させることができます。Gift Wrap Plusというアプリならギフトオプションをつけられたり、Uchuya Shipping Cooperationというアプリで配送日時の指定が可能になります。

さらに、SNSとの相性がよくサイトにSNSのアイコンを埋め込みアクセスを促すことはもちろん、InstagramやFacebookなどから直接商品を購入してもらうこともできます。

そのアーティストのファンならばSNSを既にフォローしていたり、新しくフォローするハードルも低いので、そこからの商品へのアプローチができるのはShopifyでサイトを構築する最大のメリットと言えるでしょう。

まとめ

歌手

いかがでしたか。今回はShopifyを実際に利用しているブランドのうち、アーティスト・グッズ販売を行っているECサイトを紹介していきました。

アーティスト・グッズ販売では、顧客はデザインを見て商品を購入する傾向が高いので、写真などで商品をわかりやすく伝えることが重要でした。さらに、顧客はそのアーティストやブランドのSNSにアクセスするハードルが低いので、うまくSNSとの連携を行うことも効果があります。

Shopifyは14日間無料で利用できるキャンペーンを行っています。本日紹介したポイントを活かしてShopifyでオリジナリティ溢れるECサイトを制作してみて下さいね。

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。