shopify

Oberloで簡単にドロップシッピングを実現

Shopifyのアプリ「Oberlo」を利用すると簡単にドロップシッピングを始めることができます。

本日はそんなOberloの使い方について解説をしていきたいと思います。

  • Shopifyが気になる方
  • ドロップシッピングについて知りたい方
  • オンラインショップ を始めたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばOberloについてだけでなく、ドロップシッピングがどんな人に向いているのかなどもわかりますよ。

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングは在庫を持たずに商品を販売することができるEコマースの一種です。

オンラインショップの事業者が商品の取り扱いを行うサプライヤーと連携し、お客様が購入ボタンをクリックするとその情報をサプライヤーに伝え、サプライヤーが商品の発送業務を行ってくれます。

ショップ事業者が仕入れ費用の負担や在庫保管管理などをせずに気軽にオンラインショップを開設することができるということで注目されています。

合わせて読みたい>>Shopifyでドロップシッピングしよう

Oberloで簡単にドロップシッピングを実現

Oberloとは

OberloはShopifyでドロップシッピングを行う際におすすめのアプリです。

Oberloにはたくさんの商品がラインナップされています。その中から気になるものを自分のショップに追加することができ、それを販売することが可能になるのです。

ドロップシッピングだからこそ、もちろん在庫の確認や倉庫の管理を行う必要は一切ありません。商品の梱包業務や出荷業務も不要です。

使い方

Oberloは数回のクリックでドロップシッピングを行うことができます。

①Shopifyのアプリストアにアクセスする

まずはShopifyのアプリストアにアクセスします。管理画面の中の「アプリ管理」から「Shopifyアプリストアに行く」をクリックするとアプリストアに飛ぶことができますよ。

Shopifyのアプリストアでは様々なアプリをダウンロードすることができます。

Shopifyのアプリは3200種類以上もあります。アプリに対する口コミや評価も掲載されているので、よく読んでからダウンロードすることをおすすめします。

合わせて読みたい>>【入れなきゃ損】おすすめのShopify(ショッピファイ)アプリを紹介

②Oberloをダウンロードする

アプリストアの検索バーからOberloを検索し、「アプリを追加」をクリックしましょう。

Oberloが無事にダウンロードできました。

③Oberloにアクセスする

Shopify管理画面から「アプリ管理」▶︎「Oberlo」へとアクセスします。

するとOberloの管理画面が出てくるので、サイドバーから「製品」をクリックしましょう。

画面が切り替わり、「製品を探す」という青いボタンが表示されるので、それをクリック。

様々な商品が出てくるので、自分の気になるものを探していきましょう。

④Oberloで商品を選択する

商品のラインナップの中から自分の気になる商品を見つけたら、商品ページにある「インポートリストに追加」をクリックしましょう。

⑤日本語表記を修正する

Oberloは商品をインポートした際に日本語の表記がおかしくなることがあります。

Oberloの管理画面にある「インポートリスト」をクリックすると選択した商品が表示されるので、その日本語を自然なものになるよう修正して下さい。

修正が完了したら、右上の「インポートして保存」を選択しましょう。

⑥価格の設定

続いてインポートした商品の価格設定を行います。

あなたのオンラインショップの基軸通貨が日本円の場合は、Shopifyの管理画面から設定を行います。

もし基軸通貨が米ドルの場合は、Oberloの管理画面の「設定」から行うことができます。

商品を選ぶポイント

Oberloには多くの商品があります。その中から販売する商品を選ぶのは迷ってしまいますよね。

Oberloの商品にはレビューが表示されているので、そのレビューを参考にするのがおすすめです。

万が一、発送に時間がかかったり梱包が雑なサプライヤーを選択してしまった場合、お客様からの評価はあなたのショップの評価になってしまいますよ。

ドロップシッピングはこんな人におすすめ

Shopifyでのドロップシッピングを利用する方法としてOberloについて紹介していきましたが、最後にドロップシッピングがどんな人に向いているか紹介したいと思います。

当てはまる項目が多い人はドロップシッピングを始めてみることをおすすめします。

コストをかけずにオンランショップを始めたい方

ドロップシッピングは在庫を持たずにオンラインショップを始めることができるので、ショップ運営におけるコストを抑えることができます。

オンラインショップ運営では、ショップ開設費用だけでなく在庫管理費、梱包材の費用や、配送業者への委託費など多くのコストが発生します。

「オンラインショップを始めたけど維持費を払い続けることができずに辞めてしまった」という人も少なくありません。

ドロップシッピングならそういったコストを低く抑えられる点が魅力的ですね。

副業を始めたい方

近年副業を始める人が増えています。大企業などでも続々と副業を解禁していますよね。

オンラインショップ運営は業務負担が大きく、初期コストがかかるため副業にはあまり向いていません。しかし、ドロップシッピングならオンラインショップ運営における面倒な作業をサプライヤーが行ってくれるので副業としてもおすすめです。

オンラインショップを開業し、商品の価格設定を行ったり、お客様からのレビューをチェックする必要がありますが、Shopifyなら簡単に設定可能ですよ。

合わせて読みたい>>【感動】shopifyとは?プロが唸る9つの特徴!評判・口コミもご紹介【ショッピファイ】

越境ECを始めたい方

「海外の人に向けてオンラインショップを行いたい」

そんな方にドロップシッピングはおすすめです。

通常の越境ECの場合、国内向けのオンラインショップに比べ配送方法の設定が複雑になります。どういった配送業者に依頼をするのかを決めなくてはいけませんし、配送時の商品の破損リスクも高まります。

一方、ドロップシッピングは海外対応もしていて、国内同様商品の発送業務をサプライヤーが請け負ってくれるので、越境ECも簡単に行うことができるのです。

ちなみに、越境ECに必要な多言語対応や多通貨対応などはShopifyの大きな強みです。気になる方はぜひこちらの記事をチェックしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか。本日はShopifyでドロップシッピングを行う際におすすめのOberloの使い方と、ドロップシッピングを行うのに向いている人について解説していきました。

ドロップシッピングを行うのに向いている人は

  • コストをかけずにオンランショップを始めたい方
  • 副業を始めたい方
  • 越境ECを始めたい方

でしたね。

Oberloを利用すれば数回のクリックで簡単にドロップシッピングを始めることができました。

ぜひShopifyのOberloでドロップシッピングを始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎Shopifyの登録がまだの方はこちらからできますよ

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。