shopify

成功につながる予約販売キャンペーン戦略

ECサイト運営において予約販売機能は、在庫リスクが軽減でき、顧客の反応をみることができるなど多くのメリットがあります。

そんな予約販売機能を利用して、キャンペーン企画を行ってみるのはいかがでしょうか?

この記事では予約販売を利用したキャンペーン企画を成功させる方法について解説しています。

  • Shopifyが気になる方
  • 売れるECサイトを作成したい方
  • キャンペーン企画を行いたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば売れるECサイトを作ることができますよ。

成功につながる予約販売キャンペーン戦略

予約販売キャンペーンを行うにはいくつかのコツがあります。ここでは、そのコツについて紹介します。

写真はサンプルを使用する

予約販売は商品の在庫がない状態でECサイトのページを作成しなければいけません。

ECサイトの中には商品写真がないものやイメージイラストを使用しているものもありますが、なるべくサンプルなどを撮影した実物の写真を載せるようにしましょう。

商品が届いたら「思っていたのと違った」というトラブルを減らすことができますよ。

サプライヤーが同じ商品の高画質画像を持っている場合は、その写真を使っても良いかもしれません。

バイラルループとインセンティブを使う

バイラルループとはSNSなどのソーシャルメディアを通じて、情報を短時間に届けることを指します。

自然な口コミで人気が出るのは理想ですが、なかなか難しいです。

そこでユーザーにインセンティブを与えて、最新の予約商品の情報をシェアしてもらいましょう。

具体的には、SNSアカウントからキャンペーンショップリンクをシェアしてくれたら、商品の割引をプレゼントするのです。予約販売商品を割引することで、期間限定というイベント感を演出することができます。

予約販売商品を割引するのに抵抗がある方は、オプションとしてサンプルをプレゼントしたり、ノベルティを作成しても良いですね。

これらはサードパーティアプリを利用することで、実装することができます。

広告戦略を立てる

キャンペーン戦略には言うまでもなく、広告で宣伝をし多くの集客を集めることが有効です。

広告施策には以下のように様々なものがあります。

  • アフィリエイト広告
  • リスティング広告
  • リターケティング広告
  • SNS広告

予約販売には、リスティング広告やSNS広告が有効です。

リスティング広告は、検索エンジンで特定のキーワードで検索した際にトップに表示される広告のことを指します。

リスティング広告はGoogleなど広告を表示する検索エンジンの審査をクリアすれば即日で配信することが可能です。スピーディな対応ができるので、イベント情報の掲載にもぴったりですよ。

SNS広告は、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアに広告を載せる方法です。

SNS広告は住所や年齢、性別などの情報で細かいターゲティングの設定が可能です。狙ったユーザーに向けて広告を流すことができるので、効率が良いです。

SNSでの拡散を期待して、魅力的で手短な動画などを作成するのが効果的です。広告感を出さずに宣伝ができるので、イベントの告知にはぴったりですよ。

合わせて読みたい>>Shopifyでの広告施策のそれぞれの効果を解説

オンラインコミュニティを活用する

オンラインコミュニティを管理している場合には、コミュニティ内でイベント情報を発表することで、無料で宣伝が行えます。

例えばFacebookのグルーやフォーラムは、似たような興味関心を持つ人たちが集まっています。

他にもInstagramのフォロワー向けにストーリー機能やライブ機能を使って、自然な流れで宣伝をするのもおすすめです。

インフルエンサーとコラボする

オンラインコミュニティをお持ちでない方は、インフルエンサーとコラボしてはいかがでしょうか。

インフルエンサーは大きなコミュニティを持っていて、宣伝にも慣れているため自然にイベントの告知を行うことができます。

しかし、インフルエンサーマーケティング事業は成熟市場となってしまっているため、人気のインフルエンサーに依頼するには膨大なコストがかかってしまいます。

なるべくコストを抑えたいと言う場合は、先行商品のサンプルをあらゆるインフルエンサーに郵送し、商品を気に入ってくれたら投稿してもらうのです。ただし、見返りを求めすぎてしまうと印象が悪くなってしまうので注意が必要ですよ。

予約販売ならShopifyで

ここまで、予約販売行うイベント企画を成功するためのポイントを紹介していきました。

予約販売機能を行うことで、在庫を抱える必要がなくなります。倉庫代を節約することができますし、商品が売れ残ってしまい無駄になるという心配もなくなります。

さらに、先行販売で商品の妥当性を検証することで、商品の改善やマーケティング戦略の見直し、価格の見直しなどが行えます。

このようにメリットが多い先行販売は、Shopifyならアプリを導入するだけで実装することができます。

どんなアプリをインストールすれば良いかは、こちらの記事で紹介しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか。本日はShopifyでできる先行販売機能を使って、イベント戦略を成功させる方法について解説していきました。

イベントの成功のためには以下がおすすめでしたね。

  • 写真はサンプルを使用する
  • バイラルループとインセンティブを使う
  • 広告戦略を立てる
  • オンラインコミュニティを活用する
  • インフルエンサーとコラボする

これらの項目を全て行う必要はありません。

自分でもできそうだなと思うところから始めていきPDCAを回していくことで、売れるECサイトが作れるはずです。

▶︎Shopifyを始める

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。