shopify

まだオンラインショップないけど、クリスマス商戦に間に合う?【Shopifyなら余裕】

クリスマス

2020年も11月に入り、世間ではクリスマスに向けたセールの準備などが始まってきました。あなたのブランドはクリスマス商戦に向けた準備は大丈夫でしょうか。

今年は新型コロナウイルスの影響で、オンラインでの需要が高まると言われています。つまりECサイトでいかにクリスマス商戦に向けた準備ができるかどうかがクリスマス商戦を勝利することができるわけです。

「オンラインショップをまだ持っていない…」

そのように思った方は安心して下さい。Shopifyなら1からオンラインショップを始めたとしてもクリスマス商戦に十分間に合うことができます。

今回は、Shopifyで1からECサイトを立ち上げる方法と、クリスマス商戦に向けた準備についてシェアしていきます。

これを読めば、あなたもクリスマス商戦で自身のブランドをオンライン販売できるようになりますよ。

クリスマス商戦とは

セール

クリスマス商戦とは10月末から12月までの小売業の書き入れ時の時期のことを指します。

日本ではクリスマスに向けたセールのイメージが強いですが、近年はアメリカのハロウィン、感謝祭、ブラックフライデー、サイバーマンデーなどの文化も輸入され、より一層盛り上がっています。

今年のクリスマス商戦はオンラインが注目

2020年は新型コロナウイルスによる外出自粛の影響もあり、オンラインでのショッピングが注目を浴びています。

アメリカの調査会社「モーニングコンサルタント」によると、アメリカに住む2200人のうち約60%がショッピングモールに行くのに抵抗があると回答しています。

ECサイトはクリスマス商戦を戦うための必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

オンラインショップの立ち上げはShopifyで

shopify

Shopifyは簡単にスピーディーにオンラインショップを立ち上げることができるので、クリスマス商戦にも十分に間に合うことができます。

通常、外注をしてECサイトを立ち上げようとすると立ち上げまでに数ヶ月かかると言われています。

しかし、Shopifyなら数日で一人でECサイトを立ち上げることができるのです。この後具体的に説明しますね。

そもそもShopifyとは

Shopifyは世界175カ国、100万店舗以上で利用されている世界No1のECプラットフォームです。機能別に3つの料金プランがあり、月ごとに料金を支払う仕組みです。

機能はアプリによって拡張可能。「こんな機能もあったんだ」というような機能もあるので、アプリストアから様々なアプリを検索してみるのをおすすめします。

オンラインショップのデザインは、100種類以上あるデザインテンプレートから選択することが可能です。

高度なデザインスキルは不要ですが、HTML/CSS編集が可能なので、初心者でもプログラミング知識がある人もどちらにもおすすめできるプラットフォームと言えるでしょう。

Shopifyでのオンラインショップの立ち上げ方

Shopifyはオンライショップの立ち上げが簡単に行えます。手順は以下の通りです。

  1. Shopifyの登録
  2. ECサイトの中身を作る
    1. テーマを選ぶ
    2. 商品登録
    3. テーマの編集
    4. 最低限作っておくべきページの作成
    5. ドメインの登録
  3. 細かな設定を行う
    1. バリエーションを商品に追加する
    2. Shopifyコレクションを作成
    3. メインメニューに項目を追加
    4. ドロップダウンメニューを作成
    5. 配送方法の設定
    6. 送料の設定
    7. 決済方法の設定
  4. SNSと連携

具体的な手順に関しては、以下にまとめています。ゼひ参考にして下さい。

Shopifyでできるクリスマス商戦に向けた準備

クリスマスのクッキー

ここからはShopifyでできるクリスマス商戦に向けた準備について紹介していきます。これらの準備を全て行う必要はありません。試しやすいものを取り入れてみて下さいね。

セールを行う

クリスマスに向けたセールはクリスマス前から始めるのか、24日・25日のスポット的に行うのかなど戦略的に行う必要があります。さらに何をセール対象にするのかなども考えていきましょう。

こちらの記事はブラックフライデー・サイバーマンデーに関する準備を解説した記事ですが、クリスマスのセールでも参考になると思います。ぜひ合わせて読んでくださいね。

ランディングページを作成する

クリスマス用のランディングページもShopifyなら簡単に作成することができます。具体的にはアプリの「PageFly Advanced Page Builder」をダウンロードしましょう。クリスマス用のランディングページが簡単に作成できます。

オンラインショップのデザインをクリスマス仕様にする

Shopifyはデザインテンプレートで簡単にECサイトのデザインを変えることができます。冬っぽいデザインを選んでECサイト全体でクリスマスのお祭りムードを演出しましょう。

さらに、「White Christmas」というアプリではECサイトにクリスマスのBGMを流すことができたり、雪を降らすことができます。今のデザインを変える必要がないので、初心者の方でも簡単に扱うことができます。

まとめ

クリスマスの盛り上がり

いかがでしたか。本日はクリスマス商戦に今からでも間に合うのか?というテーマについて記事を書いていきました。

Shopifyなら簡単にスピーディーにオンラインショップを立ち上げることができるので、クリスマス商戦にも間に合わせることができましたね。

さらにランディングページやサイト全体をクリスマス仕様のデザインにすることもShopifyなら簡単に行うことができましたね。

登録して14日間は無料なので、この機会にぜひECサイトを立ち上げてみてはいかがでしょうか。

Shopifyでクリスマス商戦を万全の状態で迎えましょう。

▶︎Shopifyの登録はこちらから

今なら14日間無料!