ネットショップ

バーチャルオフィス「NAWABARI」がeKYCを導入し、スマホで会員申込が可能に

バーチャルオフィス「NAWABARI」は住所を借りてオンラインショップに掲載することができるサービスです。

そんな「NAWABARI」がeKYCを導入を導入し、スマホだけで手続きが可能になりました。これにより、より簡単に気軽にサービスを利用できるようになります。

この記事ではそんな「NAWABARI」について解説をしていきます。

  • NAWABARIが気になる方
  • Shopifyが気になる方
  • オンラインショップを開きたい方

そんな方におすすめの記事となっています。これを読めば簡単・安全にオンラインショップに住所を掲載する方法がわかりますよ。

オンラインショップには住所の掲載が必要

オンラインショップには住所や電話番号といった個人情報を掲載する必要があります。それは「特定商取引法に基づく表記」で義務付けられているからです。

これはオンラインショップなどの消費者トラブルが起きやすい取引を対象にお客様保護のために設けられた法律です。

オンラインショップは売り手と買い手が見えないため、買い手も不安になってしまいますよね。そんな消費者の不安を払拭するツール、それが「特定商取引法に基づく表記」なのです。

特定商取引法に基づく表記で記載が必要な項目は以下の通りです。

  • 販売業者
  • 代表責任者
  • 所在地
  • 連絡先
  • 受付時間
  • 販売価格
  • 商品代金以外の費用
  • 決済方法(クレジットカード、銀行振込など)
  • 商品の引渡時期
  • 返品について

バーチャルオフィス「NAWABARI」とは

先ほどオンラインショップには住所や電話番号といった個人情報を掲載する必要があると言いました。しかし、自宅でショップ運営をしている人や副業でShopifyを始めた方などは、個人情報が誰でも見れるのに抵抗がある方は多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのがバーチャルオフィス「NAWABARI」なのです。

「NAWABARI」は株式会社Lucciが運営するECサイト事業者向けのサービスです。実店舗を持っていない事業者が住所や電話番号などをレンタルし、事業を行うことができます。

月額980円〜という業界トップレベルのコストで始められる他、厳格な審査で安心安全なのが特徴です。

「NAWABARI」で利用できるサービスは3つあります。

  • レンタルアドレス
  • 電話用件・留守電転送
  • 郵便物受取・転送

レンタルアドレスは、実際にある「NAWABARI」の姉妹店のレンタルスペースの住所を利用します。多くの人が利用するレンタルスペースなので、万が一お客様が住所をインターネットで検索しても、怪しまれることはありません。

電話の番号レンタルや転送サービス、郵便物の転送サービスなどはこちらの記事で具体的に解説しているので、気になる方は合わせて読んでみてくださいね。

スマホ申込が可能に

「NAWABARI」では安心安全に利用してもらえるように、犯罪移転収益防止法に基づく厳格な審査を行っています。

具体的には、運転免許証・パスポート・官公庁発行書類など顔写真付きの本人確認書類を「NAWABARI」に送り審査結果を待つというものです。(※健康保険証など顔写真のないものを利用する場合は、合わせて公共料金などの領収書・請求書が必要)

2021年4月までは本人限定受取郵便などで書類を送る必要がありましたが、これがeKYCの導入によりスマートフォンから申込が可能になりました。

eKYCは「electronic Know Your Customer」の略で、オンラインによる本人確認のことを指します。2018年の犯収法施行規則の一部改正により、eKYCでの確認が認められることとなりました。

「NAWABARI」は株式会社UnGateの「UnGate eKYC」を組み込んだアプリをリリースしています。

これにより郵送だと数日かかってしまっていた審査が、大幅に短縮され「NAWABARI」の利用がより簡単になります

▶︎「NAWABARI」の利用手順はこちらの記事で解説しています

バーチャルオフィス「NAWABARI」に向いている人

そんな「NAWABARI」に向いているのはこんな人です。

忙しい方

「NAWABARI」では「UnGate eKYC」の導入により登録が簡単になったのはもちろん、郵便物や電話の転送をしてくれるなどサービスが充実しています。

忙しい方に持ってこいのサービスと言えます。

自宅でオンラインショップを開業した方

Shopifyなら自宅からショップ運営をすることが可能です。

在庫を持たずにオンラインショップを始めることもできますし、在庫管理システムを利用することで自宅に在庫を抱える必要もありません。

合わせて読みたい>>ドロップシッピングで稼ぐ為の7つのステップ【Shopifyで無在庫販売】
合わせて読みたい>>【2020年最新版】Shopify(ショッピファイ)で使える在庫管理システム比較

「NAWABARI」で住所のレンタルを行えば個人情報が全世界の人に知られる心配もありません。

副業でオンラインショップ運営をしている方

副業でオンラインショップを始めたい方は「NAWABARI」は持ってこいのサービスです。個人情報が流出する恐れもないですし、登録も簡単ですからね。

また副業でオンラインショップを始める場合、ドロップシッピングという方法もあります。こちらの記事で、Shopifyでドロップシッピングを始める方法について解説しています。

運営コストをなるべく抑えたい方

「NAWABARI」は月額980円から始めることができます。これは業界トップレベルの価格です。

個人情報を公開せずにビジネスを始める方法はバーチャルオフィスの他にも、レンタルオフィスなどがありますが、10万近くかかる可能性があります。

実際に作業する場所などは必要ない場合は「NAWABARI」で住所のレンタルをした方が運営コストを抑えることができます。

まとめ

いかがでしたか。本日はバーチャルオフィス「NAWABARI」について紹介していきました。「NAWABARI」は「UnGate eKYC」の導入で、より簡単に登録ができるようになりました。

安心安全でコストパフォーマンスも良い「NAWABARI」で、あなたもShopify運営を始めてみてはいかがでしょうか。

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。