バーチャルオフィス

バーチャルオフィスデジラボとは?千葉松戸で登記するなら便利

デジラボとは、松戸駅徒歩3分の住所を借りることができるバーチャルオフィスです。

ビジネスを行う際、住所を名刺やインターネットに載せるのに抵抗がある方もいるかと思います。そんな方に法人登記が可能な住所をレンタルすることが可能です。

また、荷物の受取や会議室の利用も!

本日はそんなデジラボに関して、特徴や料金形態など徹底解説していきたいと思います。

  • フリーランスや副業などで住所の公開をしなければいけない方
  • 松戸駅付近にお住まいの方
  • 支店を持ちたい事業者様

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばデジラボの特徴やおすすめポイントなどがわかりますよ。

バーチャルオフィスデジラボとは?

デジラボはもともと松戸駅でコワーキングスペースを運営している会社です。

そんなデジラボが住所や電話番号などを貸し出すバーチャルオフィスのサービスをスタートさせました。

単なる住所などの貸し出しだけでなく、コワーキングスペースを活用した来客対応や会議室の利用も可能。

今後ワークスペースが必要になった場合も、住所の変更なく業務を継続することもできるのです。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは働き方の多様化により自宅やクライアント先でビジネスをする方のために作られた架空の住所のことを指します。

架空と言っても怪しいものではなく、実際にオフィスは存在していてそこの住所と電話番号を借りるイメージです。

特に自宅でビジネスを行っている方など、住所を名刺やインターネットに掲載することに抵抗がある方も多いと思います。

そういった方が、法人登記にも利用できるのがバーチャルオフィスの魅力なのです。

さらに、「地方の会社が関東に支店を持ちたい」「YouTuberやインフルエンサーの荷物の受取場所として利用したい」「テレワークがメインの会社を設立したから事務所はいらない」などといったニーズにも答えることができますよ。

デジラボの料金形態

デジラボには半年払いコースと年払いコースの2つの料金形態があります。

半年払い年払い
初期費用2200円2200円
料金16500円(月単価2750円)26400円(月単価2200円)

会議室の利用やロッカーの利用、電話番号の貸し出しなどはオプションサービスになっています。

料金形態は以下の通りです。必要な時に利用できるのが良いですね。

郵送物の転送仕事場・会議室の利用ロッカーの利用047回線貸出
実費300円〜月額2200円月額3,300円
(初回手数料2,200円/回線)

デジラボのおすすめポイント

コワーキングスペースとして利用している住所をレンタルできる

バーチャルオフィスを利用する際に気を付けなくてはいけないこととして、「借りた住所が実際どのように使われているところなのか」ということがあります。

ユーザーや取引先になりうる会社が、バーチャルオフィスで登記した住所をネットで検索する可能性も少なくないでしょう。

そうなった時に、怪しい雑居ビルなんかが表示されてしまったら、会社の価値を下げることに繋がってしまいます。

デジラボならコワーキングスペースとして実際利用している住所をレンタルすることができるので、万が一検索されたとしても違和感がないです。

ただし、場合によっては「コワーキングスペースが出てくるのは何故?」と混乱させてしまう可能性もあります。

また、同じ住所をレンタルしている他の会社が検索結果に表示されることもあるので、その点は注意が必要です。

来客対応やミーティング時のスペース利用も!

先ほども言ったようにデジラボはコワーキングスペースも運営している会社です。

空間を提供している会社だからこそ、バーチャルオフィスの利用でもこう言ったスペースを活用することができるのです。

住所を見て、お客様が急に会社にいらっしゃることもあるかもしれません。

デジラボならコワーキングスペースの受付スタッフが常駐しているため、不自然にならないように「〇〇は不在にしております。」などと対応してもらうことが可能です。

また、コワーキングスペースとして利用している会議室や仕事場、ロッカーなどをオプションで借りることができます。

テレワークがメインの会社で定期的に対面の会議を行ったり、地方の会社がデジラボで打ち合わせを行うなどといったことができます。

会議室にはモニターやプロジェクターなども用意されているのも嬉しいポイントです。

働き方の変化にも対応

登記をした時は、自宅で働いていたからバーチャルオフィスで住所と電話番号を借りれれば十分だったが、自宅でビジネスを継続することが難しくなった。

こんな方でもデジラボならレンタルしている住所はそのままで、ワークスペースを利用することができるようになります。

これもコワーキングスペースを展開しているデジラボだからできることです。働き方の変化にも柔軟に対応していくことができます。

こんな人におすすめ

バーチャルオフィスを利用してみたいが、今後ワークスペースが必要になるかもしれない方

先ほども言ったように、デジラボは働き方の変化にも柔軟に対応ができます。

他のバーチャルオフィスの場合は、途中でオフィスが必要になった場合は利用していた住所を変更しなければならず、住所変更の公的処理はもちろん、取引先への連絡やホームページの記載の変更、銀行口座やクレジットカードの変更、新しいオフィスの契約など莫大な時間とコストがかかってしまいます。

デジラボなら今後ワークスペースが必要になった場合でも、レンタルしている住所はそのままで、ワークスペースを利用することができるようになります。

バーチャルオフィスを利用してみたいが、今後ワークスペースが必要になるかもという理由でバーチャルオフィスの利用を迷っている場合は、デジラボの利用がおすすめですよ。

松戸駅付近にお住まいの方

デジラボは届いた郵便物に関してメールにて連絡、着払いか転送かを選択することができます。

着払いの場合すぐに郵便物を受け取ることはできませんが、取りに行く場合はすぐに受け取ることができますよね。

自宅からバーチャルオフィスの場所が近い場合は、うまく活用していくことができそうですね。

まとめ

いかがでしたか。本日はバーチャルオフィスデジラボについて紹介していきました。

デジラボはコワーキングスペースをうまく活用して、来客対応や会議室の利用、ロッカーの利用などができるバーチャルオフィスでした。

将来的にワークスペースが必要になった場合でも、柔軟に対応できるところもメリットですね。

松戸付近にお住まいの方、東京近郊の住所が欲しい方、支店として活用したい方には特におすすめのバーチャルオフィスです。

ぜひ気になった方は登録をしてみてはいかがでしょうか。

バーチャルオフィス比較