IR

2025年を制覇する破壊的企業にShopifyが【中田敦彦のYoutube大学でも紹介】

「2025年を制覇する破壊的企業」という著書はご存知でしょうか?

中田敦彦のYoutube大学でも紹介されている今大注目の本ですが、その中でShopifyが紹介されました。

そこで今回は「2025年を制覇する破壊的企業」Shopifyについて著書の内容を元に徹底解説していきたいと思います。

  • 今後伸びるサービス、企業を知りたい方
  • Shopifyが気になる方
  • 2025年の未来予測を知りたい方

これらに当てはまる方はぜひ最後まで読んでみてください。これを読めばなぜShopifyが注目されているのかが分かりますよ。

2025年を制覇する破壊的企業

「2025年を制覇する破壊的企業」は山本康正さんが11月6日に発売した書籍です。この書籍では2025年の世界に大きな影響力を持つ世界最先端企業を11社紹介し、5年後がどのような世界になるかを分析しています。

登録者数331万人(2020年12月現在)を誇る大人気YouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」でも取り上げられました。

この本で世界シェアNo1、人気のECプラットフォームShopifyが紹介されているのです。

Shopifyとは

shopify

Shopifyは2014年にカナダで生まれたオンライン作成サービスです。世界175カ国、100万店舗以上で利用されています。

Shopifyの特徴は、デザインスキルやサイト構築スキルといった専門的な知識がなくても簡単にECサイトを構築できる点と、月額サブスクリプション型のシンプルな料金システムにあります。

特にこのサブスクリプションというサービスの在り方は、「2025年を制覇する破壊的企業」の本の中でも注目されています。

サブスクリプションは一度入会したら、満足していればユーザーはなかなか他のサービスに移りづらいというメリットがあるとのこと。著書の中では、同業他社よりもいち早くサブスクリプションを導入して顧客を囲い込むことが重要だとしています。

合わせて読みたい>>【Shopify(ショッピファイ)を始める前に】ビジネスに合わせた機能選びとプラン

では、ここからは本の中で解説されているShopifyについて紹介していきたいと思います。

多くの企業が大手ECプラットフォームから離脱

「2025年を制覇する破壊的企業」によると、大手企業がAmazonや楽天といった大手ECから続々と離脱をしているとのこと。

実際にルイヴィトンやディズニー、ナイキやワークマンなどが大手ECから離脱をし、Shopifyでオンラインショップと組んで自身のECサイトを充実させているそうです。

Amazonや楽天といった大手ECはモール型ECといい、ショッピングモールのように多くの小売店が集まっています。多くのユーザーがいるものの、ブランドごとの差別化がしづらく手数料も高いのが特徴です。

一方、Shopifyは独立型のECプラットフォームと呼ばれ、路面店のようなイメージです。ブランドの色やイメージ、想いなどをサイトに載せることができ、ライバルとの差別化をはかることが可能なのです。

合わせて読みたい>>Shopify(ショッピファイ)とAmazon(アマゾン)を比較

売上高世界一のウォルマートと連携

Shopping

最近Shopifyはこのは世界最大級のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートと連携をしました。ウォルマートは売上高約56兆円ですが、そのほとんどが実店舗での売り上げであり、今回の連携によりオンラインでの売り上げ拡大が期待できます。

今回の連携の背景には打倒Amazonの色が伺えます。2020年はEコマース事業が拡大した1年になりました。実際新型コロナウイルスによるパンデミックで、ウォルマートは米国eコマース事業が直近の四半期に74%成長したとのこと。(参考:「Walmart’s online sales surge during the pandemic, bolstering its place as a strong No. 2 to Amazon」

今後もウォルマートとの連携のような動きは起こるだろうと筆者の山本さんは語っています

確かにShopifyでは、様々な企業との連携を発表しています。ますます成長をし続けること間違いなしですね。

合わせて読みたい>>【速報】ShopifyがTikTokと連携開始

まとめ

握手

いかがでしたか。本日は中田敦彦のYouTube大学でも紹介された今大注目の書籍「2025年を制覇する破壊的企業」について紹介していきました。

この本では、2025年を制覇する企業としてShiopfyが紹介されていました。Shopifyは注目のサービスや企業との連携を行い成長を続けています。

そんなShopify。実は登録して14日間は無料で利用できます。この記事やこの本を読んで気になった方は、まず始めてみるというのが良いかもしれません。

最後に。この本では2025年を制覇するために、ストラクチュアル・ホールになることを提案しています。業界の壁を超える存在になることで様々な情報やつながりからビジネスが生まれるのです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

▶︎Shopifyに登録して14日間の無料体験を始める

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。