IR

【2020年】Shopifyが日本に与える経済インパクト【経済効果・雇用創出に貢献】

4月28日に「世界経済に与えるインパクトレポート」が発表されました。

これによると日本の2020年の雇用創出は4万⼈以上・経済効果は39億ドル(約4100億円)だったそうです。

なぜShopifyはここまで日本の経済にインパクトを与えているのでしょうか。

今回はその秘密について解説をしていきたいと思います。

  • Shopifyが気になる方
  • 起業をしたい方
  • オンラインショップを始めたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばShopifyの経済インパクトの秘密はもちろん、Eコマースのこれからについてもわかりますよ。

日本の2020年の雇用創出は4万⼈以上

人気のECプラットフォームShopifyは、4月28日にShopifyの事業者の成長とShopifyの経済効果について「世界経済に与えるインパクトレポート」を発表しました。

「世界経済に与えるインパクトレポート」によると、日本の2020年の雇用創出は4万⼈以上・経済効果は39億ドル(約4100億円)だったとのこと。

国内における流通総額は前年比323%増、新規出店数の伸び率は同228%増だったそうです。

11月27日~30日にShopifyで行われたセール「ブラックフライデー・サイバーマンデー」でも日本は前年比約4.5倍の平均購入額1万1090円。これは国別で見て最も高い数値でしたね。

合わせて読みたい>>ショッピファイ 日本の流通額増加率が最高

日本発の起業家たち

Shopifyは起業家を続々輩出しています。ここではそんな日本発の起業家を紹介していきます。

のぞみプロジェクト

のぞみプロジェクトは14人の女性チームによって立ち上げられたハンドメイドジュエリーショップです。2001年の東日本大震災で被害にあった石巻の女性に希望を持ってもらいたいという願いからのぞみプロジェクト立ち上がりました。

津波で壊された陶磁器のかけらや寄付で集まった陶磁器を加工してハンドメイドアクセサリーを販売。

子育てや家事、介護で忙しいお母さんたちが無理なく安心して働ける環境づくりと就労モデルづくりを進め、8年半前にスタートしたプロジェクトは今や30人の女性を雇い入れているそうです。

ショップは英語と日本語で閲覧することが可能です。このように世界に向けてものぞみプロジェクトは影響を与えているのです。

▶︎参考記事「Shopify 2020年:世界経済に与えたインパクトレポート」

17kg

17kgはインスタを軸としたブランド作りで成功を納めている人気アパレルブランドです。Shopifyで構築されたショップとフォロワー数50万人以上を誇るInstagramを連携し、若者向けの商品を扱っている17kg。

「フルリモート・フルフレックスタイム」制を採用し、自由に働き、若くしても裁量権を手にできる会社作りを進めているそうです。

▶︎参考記事「インスタ発の大人気ブランド「17kg」 世界を目指す若き起業家の挑戦」

起業家輩出の秘密はShopifyの手軽さと本格機能

Shopifyでは先ほど紹介したように多くの起業家や雇用を創出しているわけですが、その秘密はブランド開設が手軽なのに、本格的に運用できる点にあります。

通常起業をするとなると準備が大変なイメージがありますよね。しかし、Shopifyでは自分の販売プラットフォームを持つのに時間がかからないのです。

ショップの開設手順はこちらで詳しく紹介しています。Shopifyの登録後、14日間は無料で利用できるので、とりあえず始めてみるということも可能ですよ。

他のECプラットフォームは無料のサービスもあり、一見コストがかかると思うかもしれませんが、決済手数料は国内最安値なので、本格的にオンラインショップを運営していきたい方にはもってこいのサービスなのです。

合わせて読みたい>>【安っ!】shopify利用料金を紹介!プラン比較や入金サイクルは?【ショッピファイ費用】
合わせて読みたい>>保存版】Shopifyと他ECサイト9つを比較!!BASEやAmazon、ec-cube【機能・料金の対比表つき】

今後は「高齢者対策」と「D2C」「サスティナブル」がキーワード

日本におけるEC市場はここまで紹介したようにShopifyを中心に盛り上がっているわけですが、今後のキーワードは「高齢者対策」と「D2C」「サスティナブル」です

まず「高齢者対策」に関してですが、日本におけるEコマースの利用者増加は若者がほとんど。18歳〜34歳で59%がオンラインでより頻繁に買い物をするようになったと回答していますが、高齢者はわずか34%

さらに2020年はコロナ渦でEC需要が拡大していますが、55歳以上の高年層は実店舗で買い物をした割合が76%と、若者層の49%に比べて高い結果となっています。

合わせて読みたい>>Shopifyの調査からわかったコロナ禍における日本の消費者の購買傾向

「D2C」はDirect to Customerのことで、メーカーと消費者が直接つながって販売できるサービスを指します。日本はこの「D2C」への認知が、他国に比べ低いのです。

「ショッピファイ 日本の流通額増加率が最高」によると、欧米・アジアの消費者を対象にした調査において「実店舗の買い物に不安を感じる」と答えた人の割合が、日本が最も高い34%だったとのことです

合わせて読みたい>>D2Cブランドを支えるShopifyと、今後のECのカタチ

最後に「サスティナブル」について。サスティナブルは最近よく耳にする言葉ですよね。「持続可能な」という意味で、地球や自然環境の維持に役立つ活動や事業、商品などに対して利用されています。

サスティナブルや、グリーンな商品に対する買い物に好意的に捉えるかどうかという質問に対して、日本は他国に比べ賛成者が26%と低い値になっています。

世界的にはタンダードな意識になりつつあるので、日本でもより意識していく必要がありそうです。

まとめ

いかがでしたか。本日はShopifyが日本に与える経済インパクトについて、Shopifyで起業した事例とともに紹介していきました。

2020年の雇用創出は4万⼈以上、経済効果は39億ドルでしたね。それはShopifyが簡単なのに、本格的にショップを運営できるからこそでした。

のぞみプロジェクトや17kgのように自分の想いや信念はShopifyで形にしていくことが可能。

先ほども言ったように14日間は無料で利用できるので、迷っている方はまずは登録をして見てもいいかもしれませんね。

▶︎Shopifyに登録して14日間無料を始めてみる

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。