shopify

shopifyでinstagram連携と商品販売のやり方

今やオンラインストア販売においてSNSでの集客はなくてはならないものになっています。

特にInstagramは若者人気のSNSでECサイトとの相性も良いプラットフォームです。InstagramとShopifyを連携させればInstagramから商品の販売も可能です。

本日はそんなInstagramとの連携方法をご紹介します。

  • Shopifyでマルチプラットフォーム化させたい方
  • より多くの集客を集めたい方
  • SNSマーケティングに興味がある方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばあなたのオンラインストアにInstagramを連携させることができますよ。

shopifyでinstagram連携と商品販売のやり方

ShopifyのストアにInstagramのマークを表示

早速ShopifyとInstagramの連携方法を紹介します。まずはShopifyのストアにInstagramのマークを表示させて、ユーザーがあなたのアカウントにアクセスできるようにする方法から。

行うステップはたったの2つです。

①テーマのカスタマイズを行う

Shopifyの管理画面上で、「オンラインストア」▶︎「テーマ」を選択します。

そして現在のテーマをカスタマイズします。「テーマ設定」▶︎「ソーシャルメディア」へ進みましょう。

②InstagramのURLを入力する

続いて登録したいInstagramのURLを入力します。たったのこれだけで、サイトのヘッダーやフッターにInstagramのアイコンが表示されるようになります。

InstagramからShopifyの商品を売る

続いてInstagramとShopifyの商品情報を連携させて、Instagramから直接商品を購入できるようにしましょう。

これによりオンラインストアのマルチプラットフォーム化ができ、多くの集客を見込むことが期待できます。

行うステップは4つです。

  1. ShopifyとFacebookを紐付ける
  2. Shopifyとinstagramを紐付ける
  3. instagramとFacebookの連携をする
  4. instagramの投稿にタグ付をする

またInstagramからShopifyの商品を販売するには、Instagramのアカウントがビジネスプロフィールになっている必要があります。まだビジネスプロフィールでない場合は、事前に移行手続きをしておきましょう。

①ShopifyとFacebookを紐付ける

ShopifyとInstagramの連携を行うには、まずFacebookとの連携が必要です。

販売チャネルの横にあるプラスボタンをクリックすると、連携できるプラットフォームが表示されます。

そこで、Facebookの項目をクリック▶︎アカウント▶︎アカウント連携を選択しましょう。

その後Facebook側での審査があるので、48時間以内にくる通知メールを待ちましょう。

②Shopifyとinstagramを紐付ける

Facebookの連携が完了したら、同じ手順でInstagramの連携を行います。

③instagramとFacebookの連携をする

次にinstagramとFacebookの連携を行います。

Shopifyの販売チャネルの項目でinstagramを選択すると、「Facebookに接続する」という項目があります。

そちらを選択し、Facebookにログインします。その後、Instagram側の審査が始まり、審査が通れば連携完了です。

審査には1週間ほど時間がかかります。

④instagramの投稿にタグ付をする

設定が完了したら、.instagramの投稿にタグ付をしましょう。

これらのより詳しい手順に関しては「Shopify(ショッピファイ)と instagramを連携する方法」にて紹介しています。ぜひ参考にして下さいね。

shopifyでinstagramの連携をするべき理由

販売チャネルを増やせる

ECサイトのマルチプラットフォーム化は年々重要視されています。

マルチプラットフォーム化をすることにより、消費者は様々なコンテンツからShopifyのショップを見つけることができるようになりました。

特にInstagramでは投稿から直接商品を購入できるので、ますますあなたのブランドをユーザーにとって身近なものにさせることができるのです。

動的なアプローチが可能

Instagramは写真とテキストを使った投稿はもちろん、24時間で消えるストーリー機能や動画を使った投稿、ライブ機能まで備わっています。

従来のECサイトでは難しかった商品の細部を見せたり、ユーザーの疑問をライブ機能を使ってその場で解決させることも可能です。

またストーリー機能ではアンケート機能やQ&A機能などもあるので、使い方によって多くの接客方法を試すことができるのです。

費用対効果が高い

Instagramはコストをかけずに多くの集客が見込めます。

通常ECサイトの集客を行う際には、ある程度広告費用をかける必要があります。

しかしInstagramのようなSNSは、投稿数やクオリティの高い投稿を工夫するだけで、コストをかけずに宣伝を行うことができるのです。

まとめ

いかがでしたか。本日はShopifyとInstagramの連携方法と商品の販売方法について解説していきました。

Instagramの連携には、Facebookの連携が必要でしたね。Facebook側とInstagram側それぞれで審査があるので連携には時間がかかりますが、Instagramでのマルチプラットフォーム化は多くのメリットがありました。

ぜひあなたのオンラインストアもInstagramと連携させて、多くのユーザーにあなたのブランドを知ってもらいましょう。

▶︎Shopifyへの登録がまだの方はこちらから

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。