shopify

日本のECサイトだと当たり前の機能、Shopifyではどうなの?

3colors

世界シェアNo1、のべ100万店舗で利用されているShopify

近年日本でも人気のECプラットフォームとなっていますが、ECサイトでは当たり前の機能は果たしてShopifyにはあるのでしょうか?

今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。

  • ShopifyでECサイトを作りたい方
  • Shopifyで使える機能を知りたい方
  • 最高のECサイトを制作したい方

これらに当てはまる方は必読ですよ。これを読めばShopifyでどんな機能が利用できるのかが丸わかりです。

日本のECサイトだと当たり前の機能、Shopifyではどうなの?

shopify

そもそもShopifyとは

Shopifyはカナダ初のECプラットフォームで、世界175カ国、100万店舗以上で利用されている世界No1のサービスです。

低価格な月額サブスクリプション型でネットショップを立ち上げられるのはもちろん、100種類以上あるデザインテンプレートからオリジナリティ溢れるページを制作することもできます。

まさに今大注目のサービスと言えるでしょう。

ステップ1

1人

まずは簡単な機能から解説します。

レビュー機能

Shopifyではアプリでレビュー機能をつけることが可能です。

おすすめのアプリは「Product Reviews」です。無料のアプリで、ECサイトのデザインに合わせてカスタマイズすることが可能です。さらにレビューを一括でCSVに保存することができるので、重要なお客様の声を記録としても残しておくことができるのです。

売れ筋ランキング

Shopifyはコレクションという形で、売れ筋商品のランキングを作成することが可能です。

コレクションは条件を設定するとその商品のみが表示される機能です。例えば商品価格を「1万円以下」と設定すると1万円以下の商品のみがピックアップされるのです。

売れ筋ランキングはコレクションを「売上順」に並べ替えすることで作成することができます。

商品の予約販売

Shopifyでは「Pre-Order Now」などのアプリを使うことで商品の事前注文・予約販売をすることができます。

商品の予約販売は事前に注文を受けることで、在庫数をどのぐらい用意すれば良いのかがわかるというメリットがあります。

関連商品の表示

「Shop The Look」というアプリを使用し、個別の商品ページ上で、関連商品を表示することができます。ポップアップで表示されるので、そのままページを移動することなくカートに追加できます。

ステップ2

2

あったらいいなと思う機能はShopifyにあるのでしょうか。

SNS連携

ShopifyではFacebook、Instagram、TwitterなどのSNSと連携させることが可能です。ECサイト内に埋め込んだり、リンクを貼ることができるのはもちろん、InstagramやFacebook上で商品を直接購入することも可能です。

SNSにはライブ配信機能もあり、動的に商品を説明することも可能です。うまく取り入れていきましょう。

複数配送設定

Shopifyの設定画面>配送より細かい配送設定が可能でです。まずは在庫を追跡するために、ロケーションを有効にします。

その後複数の配送元を有効にすることで複数のロケーションから商品を配送することができるようになります。

ギフトカード

2020年3月よりShopifyでは全ての料金プランでギフトカードの機能が無制限に使えるようになりました。ギフトカードは顧客に直接送信できたり、ECサイト上で受け取ることができます。

受け取った人はその金額分の買い物ができるので、リピーターの獲得やクレーム対応などに活用することが可能です。

ステップ3

3

実は以下のような機能もShopifyなら実現可能なのです。

越境EC

Shopifyは実は越境ECに強みを持っています。「海外用のショップを作りたい」と思った際にぜひShopifyを活用しましょう。

Shopifyは世界トップシェアのノウハウで複数通貨や言語の対応、海外配送も安心して行えます。

離島対応

先ほどもお伝えしましたが、Shopifyでは細かい配送設定が行えます。離島への配送を対応させるためには「Parcelify」というアプリを使用しましょう。特定の郵便番号に対して特定の配送料を設定します。

このアプリは「〇〇を含む」「〇〇を含まない」「〇〇と等しい」「〇〇で始まる」「〇〇で終わる」といった細かな条件設定ができます。例えば「冷凍を含む」とすれば冷凍品に対しての配送料を設定することも可能になるのです。

HTML /CSS編集

Shopifyでは100種類以上のデザインテンプレートから好きなデザインを設定することができます。その設定したテンプレートをHTML /CSS編集で編集することも可能。

Shopifyのテーマはローカルに落として編集をすることができないので、編集の際は管理画面から行うようにしましょう。そのためテーマは複製しておくことをおすすめします。

まとめ

秋

いかがでしたか。本日はECサイトでよくある機能はShopifyでも利用できるのかをステップ別に細かく見ていきました。

ステップ1やステップ2のような日本のECサイトによくある機能はもちろん、ステップ3で紹介したようなHTML /CSS編集、越境ECというような他のECサイトではないような高度な設定もShopifyなら行うことができます。

今回紹介した機能以外も、Shopifyはアプリを使うことで高度な機能が実装できます。

登録後14日間は無料で使用できるので、まずはお試しで登録をしてみてどのような機能が使えるのか確かめてみるのもよいかもしれませんね。

▶︎14日間無料のShopifyを利用してみる

今なら14日間無料!