ネットショップ

住所や電話番号を出さずにオンラインショップを運営する方法

通常オンラインショップを開設する際には住所や電話番号などの個人情報を公開しなけれなりません。

しかしそれらを公開することなしにオンラインショップを運営する方法があるのです。
本日はその秘密について解説していきます。

  • Shopifyが気になる方
  • オンラインショップを開設したい方
  • 副業でオンラインショップを始めたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば個人情報を公表せずにオンラインショップを開設する方法がまるわかりですよ。

住所電話番号を出さずにオンラインショップを運営する方法

住所電話番号などの個人情報出を公開せずにオンラインショップを運営するには、バーチャルオフィスを利用します。

バーチャルオフィスとはいわゆる仮想オフィスのこと。オフィスを持たない事業者向けに住所や電話番号のレンタル、郵送物の転送サービスなどを行っています。

事務所がない事業者はレンタルオフィスやシェアオフィスなどを利用することもできますが、費用が高いのがネックです。

一方、バーチャルオフィスならあくまで住所や電話番号を借りるだけなので、コストを低く抑えることができるのです。

オンラインショップで住所氏名が必要なワケ

Shopifyをはじめとするオンラインショップでは、ショップ事業者の氏名や住所などといった情報を公開する義務があります。

これは、「特定商取引法に基づく表記」で義務付けられているためです。

「特定商取引法」は、消費者トラブルが起きやすい特定の取引を対象にお客様の保護を目的に作られました。販売者の顔が見えないオンラインでの買い物に対して、消費者の不安を払拭する重要なツールとなっています。

「特定商取引法に基づく表記」でオンラインショップへの記載が必要な情報は以下の通りです。

  • 販売業者
  • 代表責任者
  • 所在地
  • 連絡先
  • 受付時間
  • 販売価格
  • 商品代金以外の費用
  • 決済方法(クレジットカード、銀行振込など)
  • 商品の引渡時期
  • 返品について

Shopifyではこれらが記載できるテンプレートが用意されています。詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね。

バーチャルオフィスでレンタルした番号や住所をこの「特定商取引法に基づく表記」に利用すれば、あなたの個人情報を公開することなしにオンラインショップを運営していくことができるのです。

バーチャルオフィス「Nawabari」

バーチャルオフィス「Nawabari」は月額980円から利用することができるサービスです。

多くのバーチャルオフィスの場合、雑居ビルの住所を使用しています。一方、「Nawabari」は実際にあるレンタルスペースの住所を使用しているので、万が一住所を検索された場合でもユーザーに不信感を与える可能性が低いのです。

合わせて読みたい>>バーチャルオフィス「NAWABARI」とは

「Nawabari」の利用手順

行うステップは全部で3つ。それぞれ解説します。

①「Nawabari」への登録

「Nawabari」のホームページより申込が行えます。

必要事項を記入の上、申込フォームより申し込みをします。

その後、本人確認資料をメール、FAX、郵送のいずれかで送付します。

本人確認資料は運転免許証・パスポート・官公庁発行書類等、顔写真付きのものが対象。健康保険証など顔写真のないものを利用する場合は、公共料金などの領収書・請求書が必要になるので気をつけてください。

②審査結果を受け取る

本人確認資料送付後、1営業から2営業程度で審査結果がきます。

「Nawabari」では、犯罪移転収益防止法に基づく厳格な審査で利用者を選定しています。審査が甘いサービスだと詐欺集団などが犯罪に利用している可能性もありますが、「Nawabari」なら安心して利用できますね。

審査を通過したら、料金の納入を行います。その後「Nawabari」より「本人確認番号」が郵送されるので、それを受け取った旨をメールで連絡します。

③利用が開始されたら、オンラインショップに情報を入力する

メール連絡後、「Nawabari」からの返信を持って利用が開始されます。「Nawabari」で住所や電話番号を付与されたら、オンラインショップの「特定商取引法に基づく表記」に掲載していきましょう。

なお、「Nawabari」でレンタルした住所や電話番号は名刺などにも使うことができますよ。

まだオンラインショップ作成サービスに登録していない場合は、14日間無料で利用できるShopifyがおすすめです。無料期間があるので、お試しで始めたい方にも向いています。

月額29ドルから本格的なショップを開設できるということで近年人気のサービスです。世界175か国、100万店舗以上で利用されています。

国内のサービスでは無料でショップ開設できるサービスもありますが、そういったサービスは決済手数料が高い場合が多く、売り上げがある程度出てくると逆に損になってしまいます。

Shopifyへの登録はこちらから行えます。「特定商取引法に基づく表記」の具体的な書き方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。本日は、住所や電話番号を出さずにオンラインショップを運営する方法についてバーチャルオフィス「Nawabari」の利用方法を解説していきました。

「Nawabari」はたったの3ステップで利用ができます。

厳格な審査で安心安全、個人情報を公開する必要がないバーチャルオフィスは、副業でオンラインショップ運営する事業者や、自宅でオンラインショップを始める事業者におすすめのサービスです。

ぜひあなたも活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎Shopifyへの登録がまだの方はこちらから

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。