Shopify

Twitterを活用してShopify(ショッピファイ)ストアへの流入数をアップさせる方法

Twitterを活用してShopifyストアへの流入数をアップさせる方法

20~30代を中心とした圧倒的なアクティブユーザーがいるTwitter。

拡散力が非常に高いので、その特徴を活かしTwitterをshoifyでの販促ツールとして活用すると集客アップに効果的です。

当記事では、ShopifyとTwitterを連携させるメリットや、Twitterをうまく活用してShopifyへのアクセスアップにつなげる方法を徹底解説します。

Shopifyの14日間無料体験の申込みはこちらから▶

ShopifyとTwitterを連携させるメリット

ShopifyとTwitterを連携させるとどんなメリットがあるのかを、いくつか紹介していきます。

拡散性が高く、ストアの認知度をあげられる

Twitterの大きな特徴は、投稿の拡散性が非常に高いということです。

国内のアクティブユーザー数はなんと4,500万人。(2019年11月時点 Twitter Japan株式会社 記者発表会

投稿が「バズ」れば、フォローされていないユーザーからも「いいね」や「リツイート」ボタンが押され、世界中のユーザに瞬く間に拡散されます。

「いいね」や「リツイート」、「リプライ」の数が増えるほど拡散が広がり、商品が注目されやくすなるので認知度アップが期待できます。

また、リアルタイム性が高く情報拡散スピードも速いので、セール告知やクーポンの配布に利用すると効果的です。

国内の4,500万人ものTwitterユーザーから、多くの見込み顧客をShopifyに誘導できるチャンスがあります。

Twitterでのユーザーの口コミが売上アップにつながる

現在、ネット上やSNSでの口コミの影響力が高まる中、Twitterで商品への良い口コミが拡散されれば売上アップが期待できます。

ツイッターでのアクティブユーザーは有益な情報を拡散する意識が高く、ボタン一つで情報をシェアできる「リツイート」機能を頻繁に利用しています。

Twitterは24時間常に動いているので、リアルタイムで投稿される口コミは影響力が大きくなるのです。

Twitterを活用してShopifyへのアクセス数を増やす方法

TwitterからShopifyへの流入を増やし、アクセスを増やす方法を紹介します。

見込み顧客をフォローして接客

Twitter上で見込み顧客に接客することで、Shopifyへの流入を促せます。

まず、Twitterの検索機能を使ってあなたの商品に興味を持っている見込み顧客を探します。

あなたのストア名や商品名を入力し検索すると、あなたの商品に興味があるユーザーを見つけられます。

そのユーザーをフォローし、先行予約やキャンペーンの情報を直接伝えたり、新商品の案内をすれば

購入の確率が上がる可能性があります。

また、見込み顧客をフォローすると定期的に見込み顧客に情報提供できるので、すぐに購入にはならなくてもShopifyでのストアを認知してもらえます。

その結果、将来的にあなたのShopifyストアから買ってもらえる確率が上がります。

商品画像や動画を掲載し、魅力を伝える

Twitterでは、文章だけでなく写真や動画も簡単に投稿できるので、商品画像や説明動画を掲載し、PRとしても有効活用できます。

文字だけでなく商品のわかりやすい使い方やイメージを動画で発信することで、ユーザーの目に留まりやすくなります。

ターゲティング機能を使って広告運用をする

ツイッター広告では、ターゲティングという機能を使うと、効率的な広告運用を行えます。

「ターゲティング」とは、言語やキーワード、ユーザーのフォロワーなどに基づいてターゲットを絞ってプロモーションが行える仕組みです。

商品に興味がありそうなユーザーにターゲットを絞り、関連性の高い広告を表示できるので非常に効率的。

ターゲティング例は以下のようなものがあります。

  • 言語ターゲティング

どの言語を利用しているユーザーをターゲットとするのかを指定できます。

対応言語は、日本語、英語はもちろん、20つもあるので、越境ECとしてShopifyを利用している人にも便利です。

  • 地域ターゲティング

日本の各都道府県ごとに指定もできるほか、世界の都市や州を組み合わせて細かく設定することもできます。

  • 性別ターゲティング

男性のみ・女性のみに限定して発信する設定ができます。

  • フォロワーターゲティング

指定したアカウントのフォロワーと、そのフォロワーとよく似た興味や関心をもつユーザーをターゲティングして広告を表示できます。リツイート・クリック・ツイート内容などのさまざまなシグナルに基づき、似ているアカウントをTwitterが判断します。

  • キーワードターゲティング

キーワードターゲティングはTwitter広告特有の機能で、指定したキーワードに基づいてターゲティングができるとうもの。

ユーザーの検索ワード、ツイート、反応を示したツイートのキーワードに基づき、該当するユーザーに広告を表示できます。

広告キャンペーンなどに関連するキーワードを25個以上追加することが推奨されてます。

  • 興味関心ターゲティング

ユーザーが興味や関心を持ったり、反応を示したツイートを元にターゲティングできます。

フォローしている人、ツイート内容、リツイートやいいねしたトピックなどに基づいてTwitterが興味関心を判断します。

  • ツイートに反応したユーザーへのターゲティング

過去にあなたのツイートを閲覧したり反応したユーザーをターゲティングできます。

これを使えば、高い興味関心を持ってくれている見込み顧客へのアプローチが可能。

対象となるのは、いいねやリツイートはもちろん、動画の再生、詳細の表示、画像の拡大、リンクやプロフィールのクリックも含まれます。

Twitterをうまく活用してShopifyの集客に役立てよう

若者を中心とした圧倒的なアクティブユーザー数を誇るTwitterをうまく活用すれば、効率的にShopifyへの流入を増やせます。

Twitter上で商品動画やキャンペーン情報を発信し、ターゲティング機能をうまく利用することで、Shopifyでの新規顧客獲得やリピート率アップに役立ててください。

Shopifyの14日間無料体験の申込みはこちらから▶

Shopify 14日間 無料体験

ネットショップで稼ぎたい方におすすめなのがShopifyです。

ブランドイメージや目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。まずは無料体験してみて下さい。