shopify

Printfulとは?オンデマンド印刷でドロップシッピング

Printfulはオンデマンド印刷で、オリジナル商品を簡単に作成できるサービスです。さらにShopifyと連携して、その商品を販売することも可能!

本日はそんなPrintfulについて

・Printfulってどんなサービスなの?
・どうやって利用できるの?
・ドロップシッピングができるって本当?

これらの疑問に答えていきたいと思います。これを読めばPrintfulで無在庫販売をする方法がまる分かりですよ。

合わせて読みたい >> ゼロからブランドを立ち上げ、海外で無在庫販売する方法【Printful×Shopify】

Printfulとは?

Printfulは2013年にアメリカでスタートし、北米やヨーロッパを中心に人気となりました。

オリジナル商品を簡単に作ることができ、その商品をドロップシッピングで販売することもできるのです。

ドロップシッピングとは、オンラインストアでお客様が商品を購入した場合に、商品の発送(場合によっては請求も含む)を、販売したオンラインストア運営者ではなく、メーカー等が直接行う販売方式のことです。

つまり、私たちが行うのはオリジナル商品のデザインのみ。製造や印刷、梱包や配送といったオンラインストア運営に必要な業務はすべてPrintfulが行ってくれるのです。

しかも利用するための登録料や月額費用などはかかりません。商品が売れた際に初めて代行手数料がかかるので、売れなくても損をすることはありません。

ドロップシッピングのメリット

在庫を抱える心配がない

ドロップシッピングは商品を手元に保管しておく必要がありません。

倉庫に商品を保管しておくとコストがかさんでしまいますよね。

しかし、ドロップシッピングでは自分のオンラインストアで商品の購入ボタンが押されると、ドロップシッピング先の会社で商品の発送などが行われるので、無在庫販売が実現できるのです。

業務負担の軽減

先ほどもいったようにドロップシッピングでは、商品の梱包や発送業務などを委託することができます。

商品や管理、物流の部分に注いでいた時間をカットできる分、オンラインショップにとって重要な要素である集客に力を注ぐことができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

低コストでオンラインストアをスタートできる

オンラインストア運営には、在庫の確保や倉庫の確保、梱包材や在庫管理費などある程度のコストがかかります。

一方、ドロップシッピングでは在庫管理などにかかるコストをカットして、効率よくお客様に商品を届けることができるのです。

合わせて読みたい>>Shopifyでドロップシッピングしよう

Printfulの使い方

①Printfulへの登録を行う

まずはPrintfulの登録を行います。

FacebookやGoogleアカウントなどを利用して登録することも可能です。

②Printfulアプリをダウンロードする

続いて、Shopifyアプリから Printfulアプリをダウンロードします。

Shopifyアプリストアにアクセスして「アプリを探す」ボタンで「Printful」と入力しましょう。

するとPrintfulのアイコンが出てきたら、アプリの詳細ページから「アプリを追加する」をクリックすればOKです。

インストールが完了したらPrintfulアカウントを連携します。「ショップをPrintfulに接続」の画面右側にある「既存のアカウントに接続」でPrintfulに登録したメールアドレスとパスワードを入力して下さい。

③商品を選ぶ

Printfulではあらかじめ用意されているTシャツやキャップ、アクセサリーなどから好きな商品を選びます。

デザインできるものは他にも、スマホエースやトートバック、PCケースやマスクなどなど…。

全て既製品ですがラベルなどもオリジナルのブランド名を入れることができるので、オリジナリティ溢れる商品を作成することができますよ。

④デザインを入稿する

商品を選択したら、事前に制作したデザイン画像をアップロードします。

デザインをどこに配置するのか、大きさはどのぐらいにするのかなどは自由に変更することができますよ。

Tシャツなどの場合、モデルの着画にデザインを配置していくことができるので、実際着た時をイメージしながら視覚的にデザインをしていけるのも魅力です。

また、画像の他にもテキストを好きなフォントから選んだり、Printfulのクリップアートを利用することも可能です。

デザインスキルゼロでも簡単にオリジナル商品を作成することができるのです。

⑤商品をShopifyのストアに追加する

商品のデザインが完了したら、オンラインストアの商品ページで表示される画像を選択します。

サイトの雰囲気に合ったスタイルを選択しましょう。

次にショップ上に表示される商品説明を入力します。デフォルトの文章が入っているので、それを活用していただいても大丈夫です。

最後に価格の設定をしたら完了です。自分のオンラインストアに商品がうまく表示されているか確かめて見て下さい。

まとめ

いかがでしたか。本日はShopifyで連携が可能なPrintfulについてその利用方法を解説していきました。

Printfulはオンデマンド印刷で、簡単にオリジナル商品を作成することができ、それをドロップシッピングで販売することが可能でした。

無料で始めることもできるので、ぜひあなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▶︎Shopifyに登録して、オンラインストアを始めてみる

Shopify 14日間 無料体験

オンラインストアをこれから始めたい方におすすめなのがshopifyです。

ブランドイメージやストアの目的に合わせて、デザインテーマやアプリを選択し自分好みのストアを作成することができます。

初めての方でも、感覚的に作成することができますので、まずは無料体験してみて下さい。